Handwriting

筆跡鑑定のよくある質問

みなさまから寄せられる筆跡鑑定の質問をまとめてみました。

  • コピーされた書類文字の筆跡鑑定をお願いしたい

    可能です。・・・ですが、精度は落ちます。
    コピー文書 vs コピー文書では「判定不能」になる場合も思慮されます。ご相談下さい。

  • コピーされた印影の印章鑑定をお願いしたい

    残念ですが、困難です。
    コピー印影には、朱肉の付着状態の検査や偽造印影の可能性の検証など、さまざまな検査に支障をきたします。
    さらに、印影は紙質と朱肉成分により収縮し変化します。ですから、コピー印影を鑑定の対象には出来ません。

  • 印章鑑定をお願いしたいのですが、資料は何が必要ですか?

    印顆と疑問資料の原本が必要です。
    印顆は毎日使用するので、鑑定資料として貸し出せない。
    その場合は、当社にお持ち込み下さい。15分程度で撮影と測定を実施し、ご返却いたします。

  • 契約書などの記載氏名のみの、筆跡鑑定は可能?

    可能です。
    契約書や委任状などの署名や住所からの筆跡鑑定は、同じ文字による異同識別となります。
    この場合は、「同じ文字(漢字)が最低4文字」必要です。
    ※ 筆跡が偽造された物の場合も「最低4文字」ですが、精度を高めるために、たくさんの文字を用意、頂ければ、ご期待を裏切らない報告が出来ると思います。

  • 算用数字だけの筆跡鑑定は、可能?

    理論上は可能です。・・・実務上は困難です。
    算用数字、平仮名、カタカナなどは、字画が少ないために、筆者特徴が出にくいのです。
    筆跡鑑定資料としては、不十分な物と言えます。

  • 同じ文字がありません、筆跡鑑定は可能?

    理論上は可能です。・・・実務上は困難です。
    文字数が少なく、例えば: 「横浜」と「福岡」だけを筆跡鑑定する事は困難です。

  • 書き足し改ざん(加筆挿入の疑いがあります)の書類の筆跡鑑定は可能ですか?

    可能です。・・・光学分析や画像解析で識別可能です。
    ※原本による解析は可能です。(コピー文書からの書き足し改ざん判明は困難です)ご相談下さい。

  • コピー機を利用し偽造された疑いがあります。鑑定は可能でしょうか?

    資料により可能です。・・ご相談下さい。
    文書を偽造し、そのコピーを解析する事は、困難です。

  • 筆跡時期の特定は?いつ頃、書かれた物か知りたい

    残念ながら、困難です。
    筆跡の記載時期を判断できる学術的検査方法は、まだ確立されていません。

    署名の時期が問われた裁判において、ペンと紙の成分分析によりメーカー、販売時期も判明されましたが、判決文(裁判所の判斷)では「筆跡の確定日を特定できたとは言えない」とされています。
    この判例により、文書がどの時期に作成されたものか特定できない、筆跡時期の判定は困難である。として扱われています。

    ですから、筆跡はいつ記載されたものなど、時間の特定は困難です。
    ※特殊例として:古代美術品などの署名インクの成分分析を行い、おおよその書かれた年代の判明は可能です。

  • 書かれた筆跡から筆者の人格や性格が解りますか?

    困難です。・・・科学的に証明されていません。
    筆跡から人格や性格を判定できる学術的・科学的解析方法は確立されていません。

  • 筆跡が男性のものか、女性のものか知りたいのですが

    困難です。・・・科学的に証明されていません。
    筆跡から「性別」「年齢」「職業」などの識別は不可能です。

  • 鑑定前に、本人よる筆跡か、異筆者なのか知らせて下さい。

    困難です。・・・筆跡鑑定は、検査前に結果が判明することはありません。
    ある弁護士さんが、「じゃ~筆跡鑑定出せない」よ!それって、デタラメ書けって言ってるのと同じでは?
    もし、検査前に結果が判定できるのであれば、インチキ鑑定です。←騙されていません?

  • 筆跡鑑定を研究する学会は「無い」と報道されていますが

    筆跡鑑定及び筆跡を研究する学会は「御座います」多くの研究が報告されています。
    日本法科学技術学会では、膨大な科学的研究データの蓄積があり、この学会で警察の法科学研究者、大学関係の研究者・民間企業などの研究者による筆跡鑑定が研究され報告されています。
    さらに、情報処理学会では、コンピュータを利用したペンタブレット等による筆跡鑑定の研究が行われており、科学的筆者識別の研究が報告されています。
    書学書道史学会と日本書道教育学会では、筆跡や文字の研究も行われています。
    鑑定人を選定する際には、どの学会に所属する学者なのか聞いてみると良いですよ。
    ※参照ください筆跡鑑定とは

  • 鑑定終了後、個人の情報はどう扱われますか?

    厳密な管理のもとで扱われ、鑑定終了後、全て消去/滅却しています。