Handwriting

コピー文書の筆跡鑑定

筆跡鑑定資料としてのコピー文書

筆跡鑑定資料(鑑定物)に対して鑑定物が原本なのかコピーなのかが、問題になるケースがあります。
コピーは手軽さとともに原本の内容を忠実に複製できるといった利点があることから、今日では、コピーの利用頻度は高く、社会的信用度も定着しています。

コピー文書
筆跡

筆跡鑑定の現場においてもコピーされた物を鑑定資料とするケースが増えつつあります。
しかし、筆跡鑑定・現場の立場から言うとコピーは結局、情報の少ない複製物です。原本に代わるものとは、なり得ません。
筆跡(文書)は、一見すると2次元の平面画像のように見えますが特殊顕微鏡などで観察すると、文字は3次元的構造を持って存在している事が改めて認識できます。

筆跡

筆跡鑑定では筆跡(文書)上にみられる3次元的要素が、鑑定を行う上で重要な役割を果たしています。
(3次元的要素=筆順や運筆、文字構成の上下、改ざん文字の有無など)

コピーは文字を劣化させてしまいます。一見すると同一書類の写しのように見えますが、顕微鏡で観察すると、コピーのコピーでは文字の情報(特徴)すら判別できなくなります。

種 類 接 写 顕 微
原 本
入筆部/書き順/筆圧など
詳細なデータが得られます
原本接写 原本顕微鏡
原本のコピー
文字の持つ物理的データは
得られません。形態のみ
原本のコピー接写 原本のコピー顕微鏡
コピーのコピー
コピーのコピーでも鑑定しています。
特徴が判読できれば問題ありません。
コピーのコピー接写 コピーのコピー顕微鏡

コピーのコピーでも鑑定は可能です。文字の特徴判読に少し影響する可能性もありますので、できるだけ原本またはファーストコピーが望ましいです。