トンネルに棲む魔

トンネルに魔が棲んでいる。

その魔は、視覚的刺激を奪い、思考力を低下させる。

車を運転する上で、ドライバーは様々な視覚刺激を受けている。

下掲の画像で四角で囲んだ部位は、照明の位置だ。

区画線による視線誘導の他にもこれだけ視覚的刺激を受けている。

その一方で、トンネルは視覚刺激が少ない

区画線の視線誘導に加え、道路照明までもが単調であり、視覚刺激を奪う。

そうした場合、思考レベルが急激に低下し、事故が惹起されやすくなる。

トンネル事故の恐ろしい点は、逃げ場がないことだ。

一般道であれば、路外に逸脱し他としてもかなりの確率で、二次衝突は免れる。

ところが、トンネルの場合、路外へ逸脱すれば
情け容赦なくコンクリート製外壁との衝突が待っている。

事故を起こさないヒントは、危険性を知っておくこと・・・・

これしかない。

2016/03/17
法科学鑑定研究所
嘱託鑑定人:石橋