法科学鑑定研究所

Greeting

ごあいさつ

法科学鑑定研究所

ごあいさつ

法科学鑑定研究所は、2001年12月6日に個人事業としてスタートしました。

元科学警察研究所の瀬田李茂先生、鈴木隆雄先生、𠮷田公一先生そして多くの難題な鑑定を指導いただいた元科学捜査研究所の木下新一先生、三井利幸先生ら多くのプロフェッショナルの方達に支えられて現在があります。この場を借りて深く感謝の意を伝えさせていただきます。

20年以上に渡り、本当に多くの鑑定書を世に送り出して参りました。全ての鑑定には、二つと同じものはなくまた予断を持つことなく取り組んでまいりました。
また、最新の技術と最新の機器の導入をもって「鑑定結果に絶対の自信がある」を掲げ邁進している最中です。

しかし昨今の新型コロナウイルス感染症のパンデミックのため、当社研究者たちも出社が叶わず研究が遅延したりと難しい場面も多いようです。そんな中当社は、DNA、RNAの解析を行える技術も持っているため、PCR検査を多くの方達に受けていただいているのが現状です。これは社会貢献にもつながる当社の側面と捉え、今後も継続していきたと思っております。

そんな社会性が高い当社の業務は、多くの皆様に支持をいただいております。そしてさらにより一層高い継続性を保ち、期待にお応えできるように努めて参ります。何卒今後も引き続き、ご指導ご鞭撻のほど衷心よりよろしくお願いし、ごあいさつと代えさせていただきます。

法科学鑑定研究所 株式会社
代表取締役 山﨑 昭