Component Analysis

成分分析 の費用料金や鑑定、検査方法について

法科学鑑定研究所3部門で高評価を達成

成分分析 ~ 化学の力で真実を ~

 成分分析 とは文字通り、調べたいものの成分をいろいろな手段で分析し、「それがいったい何なのか?」や「そこに何が含まれているのか?」を検査する分野です。

 成分分析は、例えば以下のようなさまざまな事例で利用されます。車についている飛散塗料がどのようなものかを見分けたり、火災現場で燃焼を促進する物質が存在しているかを確認したり、食品に混入した異物を特定したり、大気中の有害物質を検出したりすることが含まれます。

成分分析

法科学鑑定研究所の 成分分析

 法科学鑑定研究所では、成分分析以外に、火災鑑定や交通事故鑑定、DNA鑑定、文書鑑定、体液検査など多岐にわたる鑑定業務を取り扱っております。

 そのため、お客様の案件に応じて成分分析と他の鑑定を組み合わせたり、別の鑑定をおすすめしたりすることが可能です。法科学鑑定研究所はお客様の抱える案件に応じて多角的なアプローチで分析・鑑定をご提案いたします。

成分分析についてのお問合せはこちら

成分分析の費用はこちら

成分分析 対象と鑑定の組み合わせ

車に付着している飛散塗料 ⇒顕微鏡検査・顕微FT-IRによる成分分析
CBDオイル中のTHC分析 ⇒LC-MS/MSによる成分分析
車のドアパンチで生じた傷 ⇒顕微鏡検査・顕微FT-IRによる成分分析
大気中の臭気分析 ⇒GC-MSによる成分分析
火災現場から採取した焼残物 ⇒GC-MSによる成分分析 + 火災鑑定
食品中に混入した睡眠薬 ⇒LC-MS/MSによる成分分析 + 薬毒物分析
交通事故で生じた接触痕 ⇒顕微FT-IRによる成分分析+交通事故鑑定
衣類に付着したシミ ⇒LC-MS/MSによる成分分析+精液検査

 ※専門家が検査目的に合わせて適切な分析をご案内いたします

成分分析 の費用

分析方法:GC-MS分析 LC-MS分析 IR分析 顕微IR分析 蛍光X線分析
基本費用 165,000円~
(1検体)
出張採取費 88,000
+交通費実費(宿泊費は別途)

 ※検査費用は検査目的・分析方法によって異なりますのでおおよその分析費用につきましては上記分析例をご参考頂き詳細についてはお問い合わせください。

 弁護士の先生を始め、各地方裁判所等の公的機関からの分析も承っております。
もちろん一般の方からのご依頼も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

成分分析の実例

車両に付着した塗料の原因は

【依頼経緯】
 自宅の屋外駐車場に駐車している自家用車を週末に洗車したところ、ボディのいたるところにミスト状の白い付着物が付いていることに気が付いた。洗車したところ多くの付着物が取れたためあまり気にしていなかったが、翌週末に車を見たところ、またミスト状の白い付着物が付着していたため、おかしいと感じた。先月から近隣のお宅でリフォーム工事が始まっており、現在外壁塗装を行っているようだった。外壁塗装で使用している塗料が飛んで来たのではないか?と思い成分分析を依頼。

【当社の対応】
<現地調査/付着物採取>
車両を駐車していた現場に出張し、周辺の状況、飛散元と思われる居宅の確認を実施。車両の付着状況を記録し、付着物を採取した。また、家主立会の元、飛散元と思われる居宅の外壁塗料も採取。

自家用車に付着した塗料ミストの原因

<顕微鏡検査>
採取した付着物を顕微鏡検査したところ車両付着物、外壁塗料ともに「白色塗料」であることが確認された。

<FT-IRによる成分分析>
FT-IRによる成分分析による成分分析の結果、二つのIRスペクトルは完全に一致し、近隣の外壁塗装の際に塗料が飛散したことが原因であることが判明した。

実例:浮気が疑われる シミの分析

【依頼経緯】
 浮気が疑われる夫のY-シャツに付着していた赤いシミを成分分析

【当社の対応】
<検査法の選定>
 浮気が疑われる夫のYシャツに付着していた赤いシミを成分分析するために、赤外分光法は有用な手法です。赤外分光法は、物質の組成や化学的な特性を非破壊的に調べることができるため、シミの成分を特定するのに適しています。
<検査結果>
 赤外分光法のよる検査の結果、シミの部分から脂肪酸やDimethylsilanolなどが検出された事から(化粧品)口紅に由来するシミと判定した。
(この後、女性DNAをターゲットとしたDNA鑑定に進みました)

浮気が疑われる夫のY-シャツに付着していた赤いシミを成分分析

実例:放火が疑われる 火災現場分析

【依頼経緯】
 放火が疑われる火災現場からの油成分分析は、保険会社からの依頼によって行われることがあります。以下に保険会社からの依頼の具体的な例を示します。
 保険会社は、火災が保険金を詐取する目的で起こされた可能性があるのか否かを確認する目的で、当社に火災現場からサンプルを収集し、油成分分析を依頼しました。
 保険会社は、火災現場の調査や保険金請求の妥当性を確認するために、油成分分析の結果を利用します。これにより、事件の真相を解明し、保険金を適切に支払うことができるのです。

【当社の対応】
<現地調査/付着物採取>
 火災現場の確認を実施。火災の状況を記録し、火元を推定、付着物を採取した。また、家主と弁護士の立ち会いのもと、火災現場からサンプルを収集。

放火が疑われる 火災現場分析

<デジタルマイクロスコープを用いた検査>
 デジタルマイクロスコープを使用して、火災現場から回収された証拠サンプルを詳細に観察した結果、放火特有の燃焼痕跡や異常な融解・変形の特徴が観察された。

<ガスクロマトグラフィー-質量分析(GC-MS)>
 油成分分析によって特定された油の種類や成分は、放火の原因や手法を推定する上で重要な情報となります。例えば、特定の種類の可燃性油が使用された場合、それが意図的な放火の証拠となる可能性があります。このGC-MSによる成分分析の結果、本件採取サンプルから日常使用量より多い灯油の成分が検出、確認された。

実例:デートレイプドラックの検査

【依頼経緯】
 飲み物に記憶が無くなる薬を入れられた。しかし相手はそんな事実は無いと主張している。混入されたことを証明したい。
 デートレイプドラック(ドーピングドラッグ、スプライクドラッグとも呼ばれます)は、性犯罪者が被害者の意識を奪い、抵抗力を減少させたり、記憶力を低下させたりするために使用する化学物質です。これにより、被害者は意識を失ったり、記憶が曖昧になったりする可能性があります。

【当社の対応】
デートレイプドラックの検査は、以下の手順で行われる場合があります。

デートレイプドラックの検査

<証拠サンプルの受け取り>
 被害者または関係者から提出された証拠物品(毛髪、尿など)が受け取られます。

<分析手法の選択>
 分析手法を選択するために、提出された証拠物品の種類や性質、および検査の目的に基づいて判断します。一般的な分析手法には、質量分析法や高速液体クロマトグラフィー(HPLC)などがあります。

<分析の実施>
 選択された手法に基づいて、証拠物品から潜在的な薬物や化学物質を特定するための分析が行われます。これには、試料の抽出、前処理、分離、定量化などのステップが含まれる場合があります。

<結果の解釈>
 特定の薬物や化学物質が検出された場合、その情報は警察や法廷での証拠として使用される可能性があります。本件では依頼者の毛髪からの検査において、睡眠薬の一種であるベンゾジアゼピン系睡眠薬が確認されました。

実例:室内空気中に含まれる有害物質の疑い 成分分析

【依頼経緯】
 引越ししてきた家で生活し始めてから、頭が痛くなったりするような症状が出ています。業者に相談すると問題は無かったと報告がありました。
 その後ホルムアルデヒドが原因物質として関連付けられていることを知り、自宅の室内空気中の有害物質の検査を法科学鑑定研究所に依頼したいと思っています。

【当社の対応】

<サンプリングの採取>
 当社スタッフが、依頼先の室内空気からサンプルを採取します。サンプリング方法は、ポンプを使用して吸引する方法や吸着材を用いる方法など、さまざまな方法があります。サンプリングは特定の有害物質を収集するために適切に行われる必要があります。

室内空気中に含まれる有害物質の疑い 成分分析

<測定>
 抽出した有害物質を定量するための測定手法として、一般的には高速液体クロマトグラフィー(HPLC)やガスクロマトグラフィー(GC-MS)が使用されます。これらの手法を組み合わせることで、有害物質を検出することができます。

<データ解析>
 測定結果を評価し、有害物質を特定します。本件ではホルムアルデヒドが検出されました。そして、ホルムアルデヒドの濃度を測定します。濃度は一般的に、規制や基準値(例:室内空気中の許容濃度)と比較されます。ホルムアルデヒドの濃度が基準値を超えている場合、有害な健康影響を引き起こす可能性があります。厚生労働省はホルムアルデヒド濃度の指針値(ガイドライン)として0.08ppm という数値を出しています。
 本件では、厚生労働省ホルムアルデヒド濃度の指針値は(ガイドライン)を大きく超える値を示しており、この数値を報告させて頂きました。

成分分析についてのお問合せはこちら

成分分析の費用はこちら

科学捜査の成分分析

フランスの犯罪学者 エドモンド・ロカール博士

犯罪現場では人と人、人と物のあいだで、必ず証拠が交換される。 すべての接触には痕跡が残る。

物理的な証拠は誤解せず、偽証せず、完全に消し去ることもできない。 唯一、人為的ミスによる発見によりその価値が下がるのみである。

フランスの犯罪学者 「エドモンド・ロカール博士」 の言葉です。
(Edmond Locard、1877年 – 1966年)科学捜査を先駆けた人物です。

 現場に残された微細な遺留品の分析 、火災時の出火原因をさぐる残渣分析など、各鑑定に証明手段として用いられる成分分析。 科学捜査/科学鑑定において、紛れもない花形、それが分析官です。

 法科学者(鑑定人)を陰でしっかり支える強力な存在です。裁判資料の鑑定書に分析担当とだけ記載され登場する彼ら。

・・・その分析官の役割とは・・・

一つ目は、同定=[Identification] その物質は一体何なのか?

例えば、衣服に付いた付着物は?
第三者の衣服繊維なのか、動物の毛なのか、飲食物の残物なのか物理的、化学的、生物学的、さまざまな分析結果に対応できる戦略的分析能力が必要とされます。

二つ目は、個別化=[Individualization] その物質はどの分類に属すのか?

例えば、ひき逃げ車両の塗膜片から車両の特定
衣服に残された体液斑痕より個人的特徴の判定、室内より発見された繊維の特定、脅迫文書の印刷文字解析によるプリンターの特定、など戦略的解析能力が必要とされます。

そして、これらの分析結果から、犯罪や事件など、個々の状況や全容を再現し、同時に被疑者の供述内容の真偽も見極め、事件の解決に貢献する重要な検査なのです。

 

法科学鑑定研究所TOP

   

成分分析の関連コラム