精液からの個人識別-①【血液型-性別判定編】

各斑痕がヒトの精液であると判定されると、
その付着部位から個人識別の検査を行います。

精液判定

法医学検査=血液型、DNA鑑定により個人識別も可能になります。

精液からの個人識別-①【精液からの血液型判定】

精液斑痕であると判定されると、個人識別のために血液型の検査を行います。
精液は体液の一種ですから、ABO式検査が可能です。

ですが、分泌型と、
血液型物質(抗原)を持たないために血液型が検出できない非分泌型とに、分かれます。
従って、微細の斑痕や劣化試料の場合、O型と判定される場合が多く
真のO型反応と区別する必要があります。

また、混合斑痕の場合は、被害者A型 + 加害者B型 = 検出血液型AB型--
などのように現れてしまいます。
この様に混合斑痕からのABO血液型判定は、極めて難しい判定になります。

そのため、このような難しい混合斑痕でも識別出来るよう「ELISA法」が開発されました。
ELISA(Enzyme Linked Immunosolvent Assay)は、
抗原抗体反応を利用して微量生体物質を定量する方法で、
バイオテクノロジー分野で最も広く用いられています。

測定はマイクロプレート上で 行われ、サンドイッチ法もしくは競合法によって、
対象物質を定量し女性と男性を識別する方法です。

性別検査

ヒトのDNAには、性別に係わる「X」および「Y」という染色体があり、
女性は「X、X」、男性は「X、Y」です。
この染色体を検査すれば、性別の判定が可能です。

検査は、リアルタイムPCRシステムと
ヒト・トータル・プラーマーとY染色体プライマーを用いた検査を行います。
現在、用いられている検査の検出限界量は、わずか6 pg/µL
ヒトの一つの細胞は3 pgですから2つの細胞採取で判定が可能になります。

例えば、薄手の布帛地に付着した精液斑痕には
1cm 四方に 1,500~3,000 ng の精子細胞が存在しています。
つまり、微細な試料からもDNA測定する事が可能になります。

リアルタイムPCRの試験結果

精液判定
精液判定

下が検体、ヒト及びY染色体ともに増幅しているので男性の斑痕と推定された。

例えば、痴漢などの被害者女性の下着をリアルタイムPCR処理します
すると、上記のように男性の反応がでれば、男性被疑者は・・と、なります♪

(ちなみに、DNAが出ないからと言って、痴漢をしていない。と言うことには、なりません)

ご相談・お問い合わせ

精液判定における対応・検査期間・お見積りなど
お気軽にご相談ください。