毛髪からの薬物検査と費用

一般的な薬毒物検査は尿を検体として用います。

毛髪からの薬物検査

毛髪からの薬物検査は、薬物の常習性を探る効果的な検査なのです。

麻薬/薬物 薬物乱用検査・分析費用

費用はこちら

麻薬/薬物 薬物乱用検査・分析費用

薬物乱用

薬物依存者ならば、行動異常が出るので、普通の生活は送れません。
じつは、一般人での薬物使用者が一番怖いのです。
普通に生活していますが、突然考えられない異常な行動を起こします。

最悪の場合、事故を起こしたり、犯罪を犯したり・・・。
そして、これらの巻き添えは、いつも・いつも子供なのです。

乱用薬物は、薬物を乱用した本人だけの問題ではなく、
家族を含めた多くの人々の人生を不幸にしています。

薬物乱用対策 - 内閣府 

企業などではクライシス・マネージメント(企業の危機管理)の一つとして
従業員に対し薬物検査を行う事業主も出てきました。

麻薬取締

薬物乱用は他のサイトでも見かけますので、
当サイトでは、刑事案件の検査者(鑑定人)を少しだけご紹介します。

捜査官が鑑定人に鑑定を依頼することを「鑑定嘱託」と呼びます。
鑑定人は捜査官とは独立した身分で、公正・中立に試験検査を行います。

警察は、都道府県警 科学捜査研究所=「通称:科捜研」で鑑定が行われます。
警察以外では、厚生労働省 地方厚生局 麻薬取締部=「通称:マトリ」に
鑑定室があり検査/鑑定が行われます。

「科捜研」は、白衣を着た捜査官と呼ばれ、ほとんどがラボ内で戦う科学者です。
「マトリ」は、同じ科学者なのですが・・実は「特別司法警察員」としての権限を持っています。
この「特別司法警察員」には拳銃の遂行が許され、逮捕術・射撃の訓練があります。

つまり、「マトリ」は科学者なのですが、
拳銃を遂行し、身の危険がある強制捜査=通称:ガサ入れも行う、と言うことなのです。

~TVドラマに出てきそぉ~・・・でも本物なのです~

尿からの薬物検査

尿からの薬物分析は、とても複雑で難しい検査です。

ネット上では尿検査の攪乱目的とするお茶・ハーブなども市販されていますが←ムダです
現在、最新の科学捜査に用いられる分析装置は、ng単位の薬物でも検出可能です

分析に用いられるGC-MS(ガスクロマト質量分析計)やHPLC(高速液体クロマトグラフ)
NMR(核磁気共鳴分光法)などの分析データを
そのまま読むと誤判定の可能性も存在します。

ですから薬物の鑑定は、専門の教育を受けたスペシャリストが行います。

毛髪からの薬物検査

毛髪からの薬物検査は、過去の薬物服用歴を推定する事が出来ます。

つまり、毛髪から薬物が検出された場合、1回きりの使用ではなく
反復使用したと推定することが出来ます。

また、ヒトにより個人差もありますが、
ヒトの毛髪は1ヶ月あたり1cm強伸びると言われているので、
毛髪を分割して分析することで、使用頻度や
おおよその使用時期が推定できる事もあります。

ご相談

薬物検査の誤判定は、そのヒトの人生・家族の人生までも変えてしまいます。
私たちは、この重責を真摯に受け止め、
真に信頼される薬物検査・鑑定を目指して行きたいと考えております。