PCR検査-新型コロナウイルス

新型コロナ PCR検査

新型コロナ 抗体検査

PCR検査

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)PCR検査

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)PCR検査
新型コロナ PCR検査

法科学鑑定研究所の新型コロナウイルスPCR検査の特徴

1. 全国対応!即日報告!

2. 苦痛のない「唾液検体」によるPCR検査(高齢者にも安心)

3. 検査結果はメールで通知

4. 法人・団体による集団検査にも柔軟に対応可能

5. 日本語または英語による検査結果報告書(陰性証明)の発行対応

※中国や韓国などの廉価な海外ラボへ委託するPCR検査ではありません。
※複数人の唾液検体を1つにまとめて検査を行うプール方式によるPCR検査ではありません。

新型コロナ PCR検査

全国対応!輸送でのPCR検査

【お申込みからご報告までの流れ】
「お申込み」 「キット発送」「試料採取」 「検体 持ち込み または 輸送「検査 当日または翌日報告

【検査キット発送】平日 PM2:00までに決済完了していただくと当日出荷いたします。

【検体回収】「全国対応」病理試料輸送の専門業者が対応可能です。ご相談ください。

新型コロナ PCR検査

【検査希望者増大につきPCR検査を週3日に拡張】

新型コロナ PCR検査
項 目 日 程

検体回収日

月~金

PCR検査日

火・水・木

ご報告日

検査当日または翌日

※(土日祝除く)詳しくはご相談ください。
※(例:水曜16:00に持ち込み→木曜検査→木曜または金曜報告)

※唾液検体の採取から36時間以内に当社へお持ち込み(または輸送による到着)が必要です。
※渡航目的での検査をご希望の場合は、提出スケジュール確認・検査日調整のため事前にご連絡下さい。


PCR検査

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)PCR検査とは

<PCR検査とは>
 遺伝子の働きやその存在は、そのままでは目で見ることはできません。しかし人工的に、増やしたい部分だけを増やすことができるようになり、特別な装置を使えば目でも確認することが可能になりました。
 その、遺伝子増幅技術の代表的なものが「PCR法=ポリメラーゼ連鎖反応」です。
 PCR法は、増やしたい遺伝子のRNA(プライマー)を用意し、酵素の働きと温度変化によって、目的の遺伝子を何倍にも増やす方法です。
 増幅する過程で、特殊なマーキングをすることで、増えた遺伝子を目で確認する事ができます。

新型コロナ PCR検査

  検体の中に増やしたい遺伝子があればその遺伝子を狙って増幅することで目で確認することができ“陽性”と判定されます。

  しかし、検体の中に目標遺伝子がいなければ増えないので、目で確認することはできず、“陰性”と判定されます。

PCR検査

<RT-PCRとは>
 ウイルスはDNAかRNAしか持たないという基本性質があるため、RNAしか持たないコロナウイルスの検査には通常のPCR検査とは別の手法が用いられます。
 そこでRT-PCR法(Reverse Transcription-PCR)という手法が登場します。RT-PCR法はPCR法の発展系であり、迅速に高感度な検査結果が得られます。 Reverse Transcriptionとは日本語で「逆転写」を意味し、RNAをDNAに変換することでRNAしか持たないウイルス等の検出も可能となります。
 少量しか存在しないRNAウイルスを増幅してウイルスの検出を可能にした最新の遺伝子解析技術です。

新型コロナウイルス PCR検査

<迅速で正確な安心の検査結果>
 1. 当社はPCR検査(RT-PCR検査)の検体処理能力を増強し、常に安定した検査体制で取り組んでいます。
 2. シビアな判定状況においても、RNA精製処理による高精度な判定結果を迅速に受け取ることができます。
 3. 裁判所や警察などから受託するDNA鑑定や遺伝子検査を取り扱う、エキスパートの技術者たちが検査を行っています。
 4. 様々な業種・業態におけるPCR検査の実績が豊富にありますので、柔軟な対応が可能です。

PCR検査

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)PCR検査の詳細

新型コロナウイルス PCR検査

<PCR検査キットプロフィール>
法科学鑑定研究所プロデュース

<PCR検査詳細>
試 料:唾液検体
検査試薬:SARS-CoV-2 Direct Detection RT-qPCR Kit(タカラバイオ社製)
検査機器:Real-Time PCR System (qTOWER3 G アナリティクイエナ社製)
検査試薬:SARS-CoV-2 Detection Kit -N1 set-/-N2 set-(TOYOBO社製)
検査機器:StepOne Real-Time PCR System(Thermo Fisher Scientific・ABI社製)
検査機関:法科学鑑定研究所株式会社、DNA JAPAN株式会社 (両社とも東京都新宿区)

<価格・税別> PCR検査 38,000円
<価格・税別> 報告書 +14,000円(陰性証明)

新型コロナウイルス PCR検査

<PCR検査キットの内容物>
・「唾液検体」採取手順書 (ダウンロード)
・検査申込書兼同意書 1枚
・消毒綿 1個
・滅菌グローブ(個包装) 1組
・唾液収集容器(輪ゴム) 1本
・吸水シート 1枚
・バリアパウチ(ジッパー付き透明袋) 1枚
※検査キットお届け時の外箱ダンボールを使用して、
唾液検体を再梱包します。

PCR検査 新型コロナ PCR検査
新型コロナ PCR検査 PCR検査

PCR検査の対象となる方

 本PCR検査は、新型コロナウイルス(COVID-19)の検査結果を検査当日または翌日にメールにてご報告いたします。

緊急事態宣言解除に伴う営業再開・出社再開にあたり、新型コロナウイルスPCR検査の検査結果報告書が必要な方

海外渡航などで大使館などから提出を求められる新型コロナウイルスPCR検査の検査結果報告書が必要な方

ホテル・イベント会場・店舗などへ来店されるお客様に対して、スタッフがPCR検査結果で陰性確認されていることを示す必要がある方

定期的に新型コロナウイルスPCR検査を実施して「陰性」であることを確認しなけばならない方

企業・団体様で、新型コロナウイルスPCR検査の検査結果報告書が必要な方


団体向け(複数名用)


個人向け(1名用)

PCR検査

 発熱・呼吸困難・強い倦怠感・風邪の症状・味覚や嗅覚に異常を感じるなど、新型コロナウイルス感染の疑いがある方は、帰国者・接触者相談センターまたは医療機関等にご相談ください。

PCR検査

PCR検査 お申込み手順と費用

【お申込みからご報告までの流れ】
「お申込み」 「キット発送」「試料採取」 「検体 持ち込み または 輸送「検査 当日または翌日報告

【検査キット発送】平日 PM2:00までに決済完了していただくと当日出荷いたします。

PCR検査

【検体回収】「全国対応」
 検体の一般郵送はできませんので、当社に持参提出するか専門業者にて輸送提出するかをお選びいただけます。
 輸送提出の場合は、病原体および臨床検体の輸送時のカテゴリーBを輸送できる専門輸送業者が対応可能です。(検体輸送料はお客様ご負担)

【検体回収不可日】土曜・日曜・祝日は、検体回収ができませんのでご了承ください。

【検査希望者増大につきPCR検査を週3日に拡張】

項 目 日 程

検体回収日

月~金

PCR検査日

火・水・木

ご報告日

検査当日または翌日

※(土日祝除く)詳しくはご相談ください。
※(例:水曜16:00に持ち込み→木曜検査→木曜または金曜報告)

PCR検査
新型コロナウイルス(COVID-19)抗体検査キット

ご相談受付中

【PCR検査について】
 当社内DNAラボで、DNA検査の専門家が行うPCR検査の結果を、メールにてご報告します。

【PCR検査方法について】
 唾液2㏄を専用容器に入れて、当社まで直接持参(または専門の輸送会社を利用)してご提出いただきます。
 法人様・店舗など多人数の検査などお客様のご要望に応じて柔軟に対応いたします。

【お問い合わせは】
 メールフォームにて対応させていただいております。

新型コロナウイルスPCR検査
PCR検査

【法科学鑑定研究所のPCR検査】
※中国や韓国などの廉価な海外ラボへ委託するPCR検査ではありません。
※複数人の唾液検体を1つにまとめて検査を行うプール方式によるPCR検査ではありません。

PCR検査

ご注意(免責) 必ずお読み下さい

<検査について>
 PCR検査をはじめとする多くの検査は、偽陽性、偽陰性などを示す場合が稀にあり、複数回の受検査及び医師の指導を受けることを推奨します。
 本検査は調査研究用のため医療診断等の目的では使用できません。
<返品・交換について>
 本検査キットは商品の特性上「返品不可品」です。検査申込後の返品およびキャンセルを承る事ができません。ご了承くださいますようお願い申し上げます

PCR検査 PCR検査

PCR検査キットの使用方法

※下記手順及び写真は、変更される場合があります。
新型コロナウイルスPCR検査キット到着

<検査キット到着>
検査キットを開封すると一番上に「検査申込書兼同意書と唾液検体採取手順書」と「ラベル(検体番号、氏名など)3枚組」がございます。

新型コロナウイルスPCR検査の申込書記入

<申込書の記入>
同意書の内容をよくお読みいただき、全ての項目を丁寧にご記入ください。
また、ラベル(検体番号、氏名など)3枚組には、氏名、採取日時を3枚ともご記入してください。

新型コロナウイルスPCR検査手指の消毒

<手指の消毒>
検査キット外袋に添付の「消毒綿」を取り出して、手指を拭いて消毒します。
検査キットは「手指の消毒後」に開封してください。

新型コロナウイルスPCR検査キットの内容確認

<検査キットの内容確認>
① 滅菌手袋(個包装) 1組
② 唾液収集容器(輪ゴム)1本
③ 吸水シート 1枚
④ バリアパウチ(ジッパー付き透明袋)1枚
以上の4点が入っていることを確認してください。

新型コロナウイルスPCR検査の使用方法

<滅菌グローブの装着>
滅菌グローブの包装を開封して、グローブを装着してください。装着する際、素手でグローブ外側の指先部分に触れないように注意してください。

新型コロナウイルスPCR検査の使用方法

<唾液収集容器のラベル記入>
ラベルに「①氏名」「②採取日時(24時間表記)」などを正しく記入して唾液収集容器、申込書、バリアパウチの3ヶ所にお貼りください。
なお、唾液量は矢印先端まで(2ml)必要です。

新型コロナウイルスPCR検査の使用方法

<唾液の採取>
容器のキャップを外し、容器内に「唾液を漏出」して採取します。
「痰(タン)」や「食べかす」が混入しないよう、ゆっくり唾液を漏出してください。

新型コロナウイルスPCR検査の使用方法

<唾液量の確認>
容器を垂直にして、唾液が「矢印の先端または目印のライン」まで届いていることを確認してください。唾液量が少ないと、正常に検査が実施できない場合があります。
唾液量が十分なことを確認したら、「容器のキャップを"しっかりと"締めてください。」キャップの締まりが緩いと唾液が漏れる恐れがあります。
※唾液が漏れてる場合は、再採取となり、別途税込み3,300円が追加となる場合がございますので、ご注意ください。

新型コロナウイルスPCR検査の使用方法

<検体の梱包作業1>
吸水シートには表裏があります。
吸水性のある不織布シート面(柔らかいガーゼ状の面)が内側になるように、容器を「斜め包み(回転包み)」に巻き、輪ゴムで止めてください。

新型コロナウイルスPCR検査の使用方法

<検体の梱包作業2>
バリアパウチのジッパーを開けて、パウチ内に容器を入れます。

新型コロナウイルスPCR検査の使用方法

<検体の梱包作業3>
容器を入れたらジッパーをしっかりと閉め、白色の保護フィルムをはがしてシールで固定します。

新型コロナウイルスPCR検査の使用方法

<移動の準備4>
送られてきた箱に検体と申込書を入れ、ガムテープなどで閉じてください。

新型コロナウイルスPCR検査の使用方法

<検体の提出>
当社フロアのエレベーターホールに設置の「検体回収ボックス」に入れてください。
入れ終わったら、検体提出が完了したことを、インターホンで当社スタッフにお伝えください。

PCR検査 PCR検査

よくある質問

Q:社外に委託する検査ですか?

A:いいえ違います。
当社内DNAラボにてPCR検査・解析しご報告いたします。

Q:唾液採取での注意点は?

A:食べ物カスやたんを入れないでください。
食べ物カスやたんにはPCR検査の阻害物質が含まれる場合があります。
唾液採取前(30分程度)に軽く口をすすぎ、飲食喫煙は控え、焦らずゆっくり時間を掛けて唾液を採取します。

Q:唾液検体は"いつ"採取すればいいですか?

A:持ち込み「直前」または輸送会社引き渡し「直前」に採取してください。
原則として、検体採取後、当社ラボ到着のリミットは「36時間以内」です。
ですから、唾液検体は、当社持ち込み「直前」または輸送会社引き渡し「直前」に採取してください。

Q:検体持ち込みの注意点は?

A:直射日光を避け、低温での保管移動をおすすめ致します。
車で来社される場合はクーラーボックスなどに検体を入れ移動する事をおすすめいたします。
なお、駐車場のご用意がございませんので、恐れ入りますが、近隣のコインパーキングなどをご利用ください。

PCR検査

プール方式のPCR検査とは

 プール方式とは数人の検体を混ぜ、1検体として検査を実施しする方法です。
低コストで大量の検査を処理するため、複数の検体を混ぜ、1つの検体として検査を実施しする方法です。

新型コロナウイルスPCR検査

 このプール方式は、中国・韓国、アメリカなどで実施され、大量の検査ができたとして注目されています。

 日本国内でも韓国などに検体を送り格安でプール方式によるPCR検査を行う業者もいるようです。

 しかし、低コストで大量のPCR検査が可能ならば、なぜ世界中に広がらなかったのでしょう?

 その最大の理由はウイルス遺伝子量の低下による検出不可、つまり陽性者を「陰性」と誤って判定してしまう可能性があるからです。

 米疾病対策センター(CDC)は7月31日、ジョージア州で今年6月に行われた子ども向けのサマーキャンプで、参加者の44%にあたる260人の感染が確認され新型コロナウイルスによる集団感染(クラスター)が発生したと発表しました。

 参加者は、事前にウイルス検査を受け「陰性」であることを証明する書類を提出することが求められ、スタッフは期間中マスクを着用していました。 しかし、スタッフ以外にはマスクの着用は求められるず、室内の換気も徹底されていませんでした。

 関係者を含め600人を超えるサマーキャンプ用での事前検査はプール方式によるPCR検査が実施されたようです。

 当社では、検体を「一つひとつ」丁寧に検査を行い、PCR検査結果をご報告いたしております。

PCR検査

メディア・取材

<日曜スクープ | BS朝日 7月12日> 「陰性を確認する検査」

今まで検査と言えば「陽性」感染者を見つけて治療する検査
今後は、経済の活動を続ける人(働く人)が「陰性」を証明するための検査が必要になってくる。

PCR検査

PCR検査 お申込み手順と費用

【お申込みからご報告までの流れ】
「ご相談」「お申込み」 「キット発送」「試料採取」 「検体 持ち込み または 輸送「検査 翌日報告

【検査キット発送】平日 PM2:00までに決済完了していただくと当日出荷いたします。

PCR検査

【検体回収】「全国対応」
 検体の一般郵送はできませんので、当社に持参提出するか専門業者にて輸送提出するかをお選びいただけます。
 輸送提出の場合は、病原体および臨床検体の輸送時のカテゴリーBを輸送できる専門輸送業者が対応可能です。(検体輸送料はお客様ご負担)

【検体回収不可日】土曜・日曜・祝日、当社休業日は、検体回収ができませんのでご了承ください。

【検体提出に関する注意事項】
 唾液検体は、当社へ直接持参・輸送会社利用どちらの場合も、検体採取時点から36時間以内に当社へ到着する必要があります。 唾液採取から36時間を超過した検体については「検査不適合」として、検査を行うことができませんので十分にご注意ください(再検査の対象となります)。

【検査希望者増大につきPCR検査を週3日に拡張】

項 目 日 程

検体回収日

月~金

PCR検査日

火・水・木

ご報告日

検査当日または翌日

※(土日祝除く)詳しくはご相談ください。
※(例:水曜16:00に持ち込み→木曜検査→木曜または金曜報告)

PCR検査
新型コロナウイルスPCR検査

ご相談受付中

【PCR検査について】
 当社内DNAラボで、DNA検査の専門家が行うPCR検査の結果を、メールにてご報告します。

【PCR検査方法について】
 唾液2㏄を専用容器に入れて、当社に持参提出するか専門業者にて輸送提出するかをお選びいただけます。
 法人様・店舗など多人数の検査などお客様のご要望に応じて柔軟に対応いたします。

【お問い合わせは】
 メールフォームにて対応させていただいております。

PCR検査
新型コロナウイルスPCR検査

前のページにもどる

【目次-DNA鑑定】

法科学鑑定研究所は、DNAの分析と検査を行う専門研究機関です。新型コロナウイルスPCR検査と新型コロナウイルス抗体検査キットを取り扱っています。