法的DNA鑑定

法的DNA鑑定のお申し込みについて、ご説明致します。

お申し込みは、お電話にて、お申し込み下さい。
弊所に来所頂き、直接お申し込み頂くことも可能です

1.お問い合わせ

お電話・メールなどで、お気軽にお問い合わせください
ご相談者は“どなた”で、“誰と誰”の、“どの関係”が知りたいのか
ご使用の目的、検査の方法、検査の費用、立会い者など

お気軽にご相談下さい

お問い合わせ内容をお伺いし、最適なご提案をいたします

<ご相談者>
DNA鑑定では、第三者が他人のDNAを調べる事は、出来ません
必ず、「ご本人」・「親族」・「弁護士」様が、お問い合わせ・お申込み下さい

2.お申し込み

お申し込みは、お電話にて、お申し込み下さい。
弊所に来所頂き、直接お申し込み頂くことも可能です

検査の内容・手続き方法を丁寧に ご案内いたします

3.ご用意頂くもの

各被験者の公的機関発行の身分証明書(顔写真付きの物)
(例:運転免許証・パスポート・住基カード・マイナンバーカード等)

採取用の全ての物は弊所でご用意させて頂きます。

4.DNA試料の採取

教育を受けた弊所DNA担当者が
被験者確認後、証明用写真を撮影させて頂きます。
その後、直接各被験者のDNAを採取致します。

出張採取が必要な場合、弊所員を派遣いたします。
家庭裁判所・地方裁判所・法律事務所・病院・介護施設など、訪問採取可能です。

弊所にご来所頂き、DNA採取する事も可能です。

5.分析・検査

申込書、検査試料、検査内容を確認し、分析・検査に入ります

[1.試料の状況精査]→[2.前処理]→[3.DNA抽出/精製]→[4.定量/PCR]→[5.STR型測定]→[6.解析]

DNA型検査は検査過程において複数回の確認検査を実施し、
得られたデータを総合的に検討して結論を求めます。

ほんの少しの疑問や問題でも、検査を遡り、試料調整後、再検査が行われます。
そうする事で、精度の高い安定した、分析結果を得ることが出来るのです。

なぜなら、私たちの扱うヒトのDNAは千差万別、通り一遍の検査では必ず間違いが生じます

高価な“正規試薬”をふんだんに使用、そして“徹底的”に・・赤字になることも
でも最良なのです・・だから検査方針、変えません←キッパリ

6.解析・鑑定

私たちは、海外委託するテーブル業者/ネット業者では御座いません。

私たちは、自社内にDNA研究施設を有する日本のDNA鑑定機関です。
そして、アメリカ/オーストラリアの法科学研究所と技術提携し検査精度と技術向上に努めています。

DNA型検査は検査過程において複数回の確認検査を実施し、
得られたデータを総合的に検討して解析される複雑な検査です。

イレギュラーの可能性、突然変異など、多くに検証材料を用意し、検討が実施されます。
また、認否確認は日本の学会に発表・検証された日本人のデータベースを利用しています。
そして、各試験結果から、最高裁判所の書式に従い日本語で鑑定書を作成しています。

私たちの検査と鑑定は、その時代の要望に合わせて、品質と精度を磨き上げ、
お客さまにより大きなご満足をお届けできるようシステムを改良し、自らの成長に努めています。

全ての検査・鑑定は機械まかせにせず、
ヒトの検品作業により常に異常が無いか目を光らせています。

また、個人情報を扱うセキュリティー面でも
最高度の機密システムを揃え、お客さまの安全と幸せを守っております。

これらの努力が認められ、裁判所からの鑑定嘱託(鑑定命令)・警察のブラインドテストなど
高精度が求められる検査・鑑定も受託させて頂けるようになりました。

私たちは常に率直に誠実な心を持ちつづけ、
お客さまの満足と幸せを求めた検査・鑑定をご提供しております。

※通常の法的DNA鑑定であれば、2~3週間程度で鑑定書をお渡しできます
※但し、DNA型鑑定に用いられる試料には個人差が存在するため
予定より大幅に遅れる場合も御座います・・ご了承ください。

7.ご報告

鑑定書をご指定先にお送り致します、内容をご確認下さい
質問、解らない所など丁寧にご説明いたします

アフターフォローには特に気を使っています

出しっぱなしには致しません・・絶対に!
何なりとご用命ください