法科学鑑定研究所

NEWS
2022.07.06

DNA多型

DNAの塩基配列のうちには、同じ塩基配列が繰り返して存在する反復配列領域があります。
この反復配列の繰り返し数が人によって異なることを利用して行うという方法が、世界的に共通した方法です。
現在、世界の多くで使用されているのは、マイクロサテライトという反復配列領域です。
このDNA多型は、STR(Short Tandem Repeat)多型といわれるもので、繰り返し単位が2~5塩基と短く、この繰り返し単位が個人によって異なることを利用して個人識別を行います。