DNA

毛髪からのDNA鑑定

毛髪の構造

毛髪の構造

毛髪を強く引き抜くと白い毛球が一緒に付いてきます。
親子鑑定などの血縁鑑定に対応するSTR法は強く引き抜くと白い毛球に付着する、毛乳頭のなかに存在するDNAを抽出し検査されます。

毛髪-毛幹部のDNA鑑定

毛は、皮膚の中にある根毛と皮膚の外にある毛幹に分けられます。毛髪毛幹部からの個人識別が簡単に出来れば捜査には大変有効です。

毛髪は硬組織なので、表面を徹底的に洗浄することが可能です。洗浄後、クリーンベンチなどの隔離した作業台で管理を徹底すれば理論上は毛髪毛幹部からも個人識別は可能になります。
しかし、現実にはmtDNAを中心に検査し、運がよければ核DNAが検査できるかも知れないと、いった程度にとどまります。

毛髪毛幹部は中心部にある髄質に微量のDNAが含まれています。

しかし、この髄質は個人によって存在量が変化しています。たっぷりと髄質をもっている人、まったく髄質をもっていない人この個人差も個人識別の成功率に大きく作用します。
また、毛髪に含まれるメラニンこの成分はPCRを阻害する物質として報告されています。
毛髪毛幹部からのDNA検査は、難易度の高い検査法といえます。したがって、検査のコストも高額なものになります。

毛髪-毛幹部のDNA鑑定

さらに、高いコストを掛けても、検査結果が得られない場合もあります。低コストで検査を設定すれば、ますます成功率は低下します。
刑事案件のここ一番に登場する毛髪毛幹部からの鑑定は民事案件では敷居の高い検査と言い換えることが出来るかも知れません
よく、お問い合わせで頂く、「製品内混入毛髪」のDNA個人識別の成功率です。

毛 先 毛 幹 直上根
血液型 12% 27% 41%
DNA-mtDNA型 1.0% 3.0% 18%
DNA-STR型 0.003% 0.16% 2.8%

毛幹部のmtDNA抽出成功確率は、わずか3%程度とされています。

毛髪からのDNA鑑定費用

一般サンプルからのDNA鑑定 単 位 検査期間 検査費用
毛髪からの
DNA抽出及びDNA型判定
1名 約3週間 63,800
お申し込み
毛髪DNA型と対象人物DNA型の
異同識別・照合解析
1名 約2週間 22,000

1件当たりの検査費用は10万円程度掛かります。(毛髪1本からのDNA型判定約6万円 + 対照人数@名まで2万円 + 照合費1件3名2万円 + 税)

毛髪-毛根部からのDNA鑑定

毛は、皮膚の中にある根毛と皮膚の外にある毛幹に分けられます。

毛根は皮膚の表皮細胞が筒状に落ち込んだ毛包と呼ぶ白色の鞘の中に収まっています。毛を強く引き抜くと根毛には毛鞘細胞と真皮性毛包の結合繊維組織が付いてきます。毛球の底部には乳頭状にへこんで真皮から血管が入り込んでいます。この乳頭部にはタンパク質が存在し核細胞の採取が可能になります。

毛乳頭から採取された細胞からDNAを抽出し個人識別や親子鑑定を行います。

なぜ、毛根でないとDNA鑑定できないのか

・PCR増幅推奨値 = ~0.25ng
・DNA鑑定には、正常な状態の細胞が3個以上必要です

毛 先 毛 幹 毛根なし毛髪 毛根あり毛髪
DNA量/1本 0.000001ng 0.00035ng 0.015ng 120ng
細胞数/1本 0.0003個 0.1個 5個 40,000個

上記の表を見れば一目瞭然です。
毛根なし毛髪でも、ギリギリDNA鑑定可能です。証拠採取の専門教育を受けた捜査官なら、決定的な証拠を逃さないでしょう。
しかし、民事案件で素人が取った遺留毛髪の場合、採取時のロスや保管のロス、汚れや劣化などの理由により、鑑定不能となるケースがほとんどなのです。

よくあるご質問

  • 一般脱落毛髪や食品混入毛髪からDNA個人識別出来ますか?
    DNA鑑定を実施するこは可能です。
    混入した毛髪の状態や熱処理の有無、混入した商品によってDNAが検出されるか否か変わってまいります。
    しかし、多くの企業から混入毛髪からのDNA検出の依頼を頂いており、検出例も多数ございます。
    一度ご相談ください。

  • 櫛やブラシに付いた毛髪や部屋に落ちていた毛髪からDNA個人識別出来ますか?
    DNA個人データを得られる可能性は、低いと思われます。
    警察などが事件現場で採取している毛髪は『毛根付きの毛髪』『頭皮付の毛髪』や、『強制的に抜かれた毛髪』を探し出しDNA鑑定を実施しています。(例えば・・凶器に残された頭皮付き毛髪とか・・頭部が強打したテーブルなどです)

    事件現場に残される一般脱落毛は、色・形状・付着物の成分分析などの試験検査を行い法医学的個人識別を実施しているのです。

最高品質の検査・鑑定をご提供しています

鑑定証

私たちは、海外委託するテーブル業者/ネット業者では御座いません。
私たちは、自社内にDNA研究施設を有する日本のDNA鑑定機関です。
そして、アメリカ/オーストラリアの法科学研究所と技術提携し検査精度と技術向上に努めています。

DNA型検査は検査過程において複数回の確認検査を実施し、得られたデータを総合的に検討して解析される複雑な検査です。

イレギュラーの可能性、突然変異など、多くに検証材料を用意し、検討が実施されます。
また、認否確認は日本の学会に発表・検証された日本人のデータベースを利用しています。
そして、各試験結果から、最高裁判所の書式に従い日本語で鑑定書を作成しています。

私たちの検査と鑑定は、その時代の要望に合わせて、品質と精度を磨き上げ、お客さまにより大きなご満足をお届けできるようシステムを改良し、自らの成長に努めています。
全ての検査・鑑定は機械まかせにせず、ヒトの検品作業により常に異常が無いか目を光らせています。

また、個人情報を扱うセキュリティー面でも最高度の機密システムを揃え、お客さまの情報を守っております。

これらの努力が認められ、裁判所からの鑑定嘱託(鑑定決定)・警察のブラインドテストなど高精度が求められる検査・鑑定も受託させて頂けるようになりました。
私たちは常に誠実な心を持ちつづけ、お客さまの期待と満足を求めた検査・鑑定をご提供しております。


DNA鑑定の鑑定試料

DNA採取

DNA鑑定に用いられる鑑定試料は口腔内の頬の内側を綿棒で擦って、その細胞からDNA抽出する方法が一般的です。

口腔内細胞採取-祖父母と孫鑑定、DNA検査、DNA鑑定の費用、DNA鑑定の種類、DNA鑑定の申し込み方法、少し複雑なDNA鑑定を簡単に、分かりやすく説明します。科学鑑定を行う国内有数の民間DNA鑑定機関。簡単で衛生的!! なおかつ、ご都合の良い時間帯や場所を選びません。お勧め致しております。

問題となる関係者が死亡している場合には、病理標本(パラブロック・血液試料・組織試料)や抜歯、臍の緒、爪、などが有効になります。
生体試料などが残されていない場合には、複数の血縁者間を検査することにより亡くなった方のDNA型を推定し、DNA血縁鑑定を実施します。


安全性

安全性

ご相談・ご依頼された方のプライバシーは確実に保護されています。
個人情報、鑑定内容など、全ての情報は限られた者しかアクセス出来ない安全な環境下にて管理されています。

又、ご報告後、全ての情報はすみやかに完全に削除され保管されません。
当社では、安心してご依頼できる環境をご提供しています。


確実性

確実性

当社のDNA鑑定は、非常に正確な鑑定です。
一卵性双生児を除いて、すべてのヒトのDNAは独特です。DNA鑑定は、指紋のようにとても明確な特徴を持っているため、DNA鑑定により識別された結果は優秀な鑑定結果として考えられています。

人的な取り違えや試料汚染、分析結果の誤判断などを防ぐためには専門家/学識者の在籍する信頼性の高い研究機関に依頼する必要があります。
お気軽にご相談ください。


アフターフォロー

ご報告後、鑑定の方法、内容、今後のアドバイスなど「アフターフォロー」も、しっかり対応いたします。

コスト削減のためか、内容は鑑定書の通りと突っぱねる営業会社もあるようです。
(専門家不在の営業会社や仲介会社・代理店には注意が必要です)

当社では、DNA鑑定に関するご不明点、ご質問など、専門研究者が解りやすく丁寧に、対応させていただきます。
ご相談もお気軽に、お電話やメールなどでお問い合せ下さい

最近のコメント

表示できるコメントはありません。