法科学鑑定研究所

NEWS
2022.07.06

遺伝子座(ローカスlocus)

染色体におけるDNA塩基配列のうち、特定の位置をローカス(遺伝子座)といい、その異形体をアリールと言います。
遺伝子とローカスの違いは、ローカスが染色体にそったタンパク質の配列を表わすのに対して、遺伝子はその位置がわかりません。
特定のローカスが遺伝子を表わすのかも知れず、そうでないかも知れません。
DNA鑑定においてローカスが重要なのは、一つの細胞で約30億塩基対という膨大なタンパク質の配列の中から、特定の場所を他と切り離して分析し、個人単位のプロファイルを作り、親子鑑定もしくはDNAフィンガープリントとして用いる事にあると考えられています。