法科学鑑定研究所

NEWS
2022.07.06

対立遺伝子(アリール=allele)

個人は父母それぞれから、精子と卵子を通じ染色体のコピーをワンセットづつ受けます。
このコピーである染色体の特定の位置(ローカス・遺伝子座)には、幾つか異なるタイプがあり、それぞれのタイプを総称してアリールと呼びます。
受け取ったアリールが、互いに同一タイプであればホモhomozygousといい、異なっていればヘテロ(heterozygous)と言います。
こうしたアリールの同一や違いは、遺伝子タイピングとして、親子鑑定や犯罪捜査に用いられます。
たとえば、犯罪現場に残された細胞から抽出したDNAについて、あるローカスのアリールが被疑者のものと一致すれば、被疑者が犯罪現場にいた確率は大きくな りますが、その他について不一致であれば、別人ということになります。
反対に、どれも一致すれば、被疑者が犯人である確率は極大化されます。