法科学鑑定研究所

NEWS
2022.07.06

塩基対(base pair)

DNAらせん二重構造の上に並んでいる単位分子、A(アデニンAdenine)、T(チミンThymine)、G(グアニンGuanine)、C(シトシンCytosine)は、AとT、GとCが互いに相補的に結びついてペアを組んでいます。
すなわち、2本ある鎖の一方の塩基配列が解れば、もう片方の鎖の塩基配列は解ってしまいます。
このペアを塩基対と呼びます。
ヒトの一つの生殖細胞中には、約30億塩基対が存在します。