法科学鑑定研究所

Archive

DNA鑑定全般

DNA鑑定全般

体液の種類を調べることは可能ですか?

体液には様々な種類がありますが、当社では、
 ①精液
 ②尿 
 ③唾液
 ④血液
の識別検査が可能です。
なお、女性の膣液(膣分泌液)かどうかを識別することはできませんが、女性由来のDNAが含まれるかどうかを鑑定することは可能です。

遺骨(焼骨)のDNA鑑定は可能ですが?

DNA鑑定をお受けすることは可能ですが、遺骨は火葬によってDNAが存在する細胞まで焼失しているため、有効なDNAが検出される可能性は極めて低いことをご理解いただく必要があります。なお、火葬されていない遺骨は部位や状態によってはDNAが検出される可能性もあります。

血痕のDNA鑑定は可能ですか?

鑑定可能な一般試料ですが、有効なDNAが検出されるかどうかは血痕の付着量や保存状態の影響が大きいため、DNAの検出を保証できませんのでご理解いただく必要があります。なお「たぶん血痕だと思うけど、はっきりしたことは分からない」という場合は、DNA鑑定と同時に、血痕検査(血液かどうか、人間の血液かどうか)を行うことも可能です。

爪でDNA鑑定は可能ですか?

鑑定可能な一般試料ですが、爪を切る際に「新品の爪切りを使用する」ことを推奨しています。他の人と爪切りを共有している場合、コンタミネーションの原因となりますのでご注意ください。爪の量は10指分が望ましいですが、爪1個からでもDNAが検出されるケースも多くあります。

毛髪でDNA鑑定は可能ですか?

鑑定可能な一般試料ですが、毛髪は毛根鞘(一般的に毛根と呼ばれる部分)以外の部分にはDNAが極微量しか存在しません。そのため、毛髪でDNA鑑定を行う場合は、毛根鞘付きの毛髪をご用意いただくことを推奨しています。また、自然に抜け落ちた自然脱落毛(洗髪時の脱落毛や就寝中の脱落毛など)は毛根鞘の付着が十分ではないため、この場合は最低10本以上の毛髪をご用意いただくことを推奨しています。但し、一般試料のためDNAの検出を保証できませんのでご理解いただく必要があります。

タバコの吸殻でDNA鑑定は可能ですか?

鑑定可能な一般試料ですが、紙巻きタバコの吸殻を3〜5本ご用意いただくことを推奨しています。但し、一般試料のためDNAの検出を保証できませんのでご理解いただく必要があります。なお、電子タバコは紙巻きタバコと比較してDNAが検出され難いため、他のDNAサンプルも併せてご検討ください。

コンタミネーションとは何ですか?

一般的には「試料汚染」のことを指し、鑑定対象のDNAサンプルに複数人が関与したことで2名以上のDNAが混合・混入した状態や、DNAに悪影響を及ぼすような異物が混合・混入したことで、DNAサンプルが汚染した状態のことを言います。

「DNA BANKサービス」とは何ですか?

DNAサンプルからDNAを取り出した生の状態のDNAを長期保存可能なFTAカードに転写し、当社の専用冷蔵保管庫でお預かりするサービスのことです(誰のFTAカードであるのかを証明する個人識別検査も同時に行います)。DNAは一卵性双生児を除いて、誰とも同じものは存在しない自分だけの遺伝情報が記録されているのがDNAです。将来、科学技術の進歩によりDNAを使用した驚くような技術が開発される可能性もありますので、自分自身のDNAを未来に残す方法として注目されています。