GW期間中、誠に勝手ではございますが4/29(土)から5/7(日)まで休業させていただきます。みなさまにはご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解を賜りますようお願いを申し上げます。

画像解析 / 防犯映像解析 / 写真解析

画像解析はコンピューターが利用される以前から行われていました。
光学演算による文字読み取りや、天体写真・衛星写真の画質改善などです。
法科学に於ける画像解析研究もこの頃に始まり
交通事故鑑定、文書鑑定などに応用されて行きました。

1990年代に入り、パーソナルコンピューターの普及と共に
本格化した画像解析は、多くの応用分野に広がりました。
2000年代に入ると、画像解析は、医学・工業・法科学など専門分野化して行きます。

9.11以降、法科学では、事件/事故に関する画像解析・映像解析が主流となり研究されています。
近年、デジタルカメラや防犯カメラ・ドライブレコーダー等の普及により
事件・事故を撮影された映像・画像が証拠資料とし提出される機会も増えて来ました。

弊所では、この法科学分野での画像解析を専門に扱っております。
防犯カメラ・防犯ビデオ、写真画像などに写された映像・画像から

画像の鮮明化、画質の改善等の画像処理。
物体の大きさ・距離・速度等を計測する画像計測処理。
編集・改ざん痕跡の判定。
顔画像解析・着衣解析などの個人識別。
紫外線や赤外線あるいはレーザー光源を使った分析など
これらの研究 および検査/鑑定を行っています。

画像解析ライトプラン

画像解析をご検討の方に朗報です。
画像解析ライトプラン NEW

画像解析ライトプランのご案内

画像解析 弊所での取り組み

防犯カメラや一般ビデオ機などで撮影された、重要な証拠と成りえる画像や写真、
映像などが、鮮明でなかったり、ピンボケしていたりする事が良くあります。

このような場合は、統計処理や数学的手法を駆使して画質処理を行い改善させます。
また、画像を拡大するとギザギザのような形が出て画像が識別できない場合は、
数学の分野であるフラクタル幾何学を用い画像の修正を行います。

さらに、撮影された被写体などの大きさ高さなどの解析には、
写真計測法を応用することにより計算化され的確に大きさ高さなどを知る事ができます。

弊所で行われている画像解析の技術は、
航空写真や衛星写真などから地図を作製する技術と機材を基とし
応用され解析を行っています。

この画像処理技術は、単に不鮮明画像の鮮明化だけに留まらず、筆跡(印章)などの
科学解析や残留指紋の復元技術、交通事故鑑定の証拠写真の解析など等、
さまざまな分野で応用されています。

多発する問題点

現在この防犯画像処理技術が最も進んでいると言われているのがイギリスです。
以外と思われる方々も多いかと思います。(事実わたしもそうでした)
BBC が進んでいるから?←残念!違います。

現在世界中で防犯カメラが最も設置されている国、それがUK=イギリスなのです。
設置台数が多いだけじゃん・・。←それもハズレ。

実際に犯罪の抑止力効果は高いと思科されます。
しかし、予測されなかった犯罪の多くが防犯カメラ内に大量に保存され、
検挙出来ず、ただ闇雲にストックされ社会問題化した最初の国、それがイギリスなのです。

そのため、防犯カメラ映像の解析技術は警察、自治体が中心となり急速に発展しました。

つまり、卓上論により発達した技術ではなく、
実際に起きた事件を、次から次ぎへと処理され、
現場主義による技術の進化だったのです。

さらに、この防犯画像/映像解析の分野での、最大の敵は情報の漏洩でした。

イギリスでも、ただ単に画像/映像の解析を行う民間会社やメーカーは山ほどあります。
防犯画像/映像はマスコミやTVにとって最も美味しいジャンルなのです。

極秘のはずの研究所や大学の研究室から防犯画像/映像を
持ち出されTVに流れた事件も起こりました。
これらの事実により、セキュリティーも独自に進化したのでした。

(国内に目を向けると、ある警備会社からの画像解析がスッパ抜かれましたよねぇ)
(その後、この警備会社は、対応にどれほどの人手とお金が掛かったのか・・・)
(また、エレベータ内で起きた暴行現場映像などもネットやDVDで流出しています)
(被害者は当然の権利として管理側を相手に訴訟を起しています・・・)

日本国内の場合、現状は無法状態、つまり画像の垂れ流し状態です。
お金のある会社は良いでしょうが、財務が弱い会社は・・・なくなります。

弊所では、この技術と問題点を大いに参考にさせて頂きました。

勿論、全ての技術がそのまま現在の日本に適応出来るとは考えてもおりません。
まだまだ、模索中ですが確実に結果・実績として表れてきています。
取り組みが早かったおかげかノウハウも随分蓄積されました。
これからも、この分野、極めて行きたいとスタッフ共々努力しています。

弊所での実例

1)防犯カメラからの映像解析

・不鮮明画像の鮮明化・高解像度化による被疑者の判定
・不鮮明ナンバープレート映像の鮮明化、ナンバーの判定
・防犯カメラ映像から顔画像解析を実施、被疑者を判定
・防犯カメラ映像から速度鑑定を実施、車両速度を判定
・防犯カメラ映像から被疑者の挙動を判定
・防犯カメラ映像から歩要解析を実施、個人を判定
・防犯カメラの映像データの、編集・改ざん痕跡を判定

2)交通事故

・証拠写真の解析、被写体測量し衝突速度を判定
・路上痕跡画像を特殊処理、車両の挙動を判定
・防犯カメラ映像から被疑者の車種を判定
・ドライブレコーダー映像の信号機の編集・改ざん痕跡を判定

3)筆跡(文書・印章)鑑定

・筆圧などのマイクロ測量、光学解析などにより偽筆を判定
・赤外線撮影法を用いた後書き・付けたし文字の判定
・印象・印象画像をマイクロ計測し偽造印象を判定

4)事件に係わる遺留現場

・血痕解析、壁面衝突血痕を計測し速度・方向を精査、被疑者挙動を判定

5)競技鑑定

・スポーツ中に発生した、事故原因の究明などを映像/画像を用い位置関係計測を行い測定結果を3D化し再現しました

秘 保

画像/映像/写真などの解析は、自研究所内で処理されています。
ご依頼内容の機密事項は、厳重に守られています。

お気軽にお問い合わせ下さい。