法科学鑑定研究所

NEWS
2022.07.06

Dループ

mtDNAは、ヒト細胞内の小器官であるミトコンドリアに存在する固有の環状DNAです。
mtDNAは、細菌DNAと同様に、ほとんどがコード領域ですが、一部のみ非コード領域があり、その部分をDループと呼びます。
このDループもコード領域の発現をコントロールしているので、コントロール領域とも呼ばれます。