法科学鑑定研究所

MEDIA

【法科学監修】『幻告』五十嵐 律人 著 講談社

【法科学監修】『幻告』五十嵐 律人 著 講談社

[内容紹介]
裁判所書記官として働く宇久井傑(うぐい・すぐる)。ある日、法廷で意識を失って目覚めると、そこは五年前――父親が有罪判決を受けた裁判のさなかだった。冤罪の可能性に気がついた傑は、タイムリープを繰り返しながら真相を探り始める。しかし、過去に影響を及ぼした分だけ、五年後の「今」が変容。親友を失い、さらに最悪の事態が傑を襲う。未来を懸けたタイムリープの果てに、傑が導く真実とは。 リーガルミステリーの新星、圧巻の最高到達点!

【法科学監修】