法科学鑑定研究所

MEDIA

【監修】金曜8時のドラマ『嫌われ監察官 音無一六』テレビ東京

【監修】金曜8時のドラマ『嫌われ監察官 音無一六』テレビ東京

毎週金曜夜8時から放送している「金曜8時のドラマ」。4月クールの作品が『嫌われ監察官 音無一六』 に決定しました!2013年に第一弾が放送され、全6回のスペシャル放送を経て、金曜8時のドラマ枠で待望の連続ドラマ化。どんなに嫌われようとも監察官としての自分の信念と正義を貫く、あの”音無一六”が帰ってきます!
『警察の中の警察』の異名を持つ“監察官”。それは、警察官の職務及び、私生活に不正が無いかを調べる役職であり、警察官たちから、忌み嫌われる仕事。
監察官でありながら捜査にも介入し、鋭い”観察眼“と“閃き”で、これまで難解な事件を解決へと導いてきたのが小日向文世演じる“音無一六”です。捜査現場を荒らされ怒り狂う刑事たちの猛抗議にもひるむことなく、己の正義を貫き、我が道を突き進みます。
そんな一六の実の弟で、何故かいつも事件捜査に首を突っ込むタクシードライバーの“万丈二六”を演じるのは遠藤憲一。陽気で人情味にあふれる二六は、几帳面な一六とは顔も性格も全然似ておらず、ソリの合わない兄弟です。しかしそんな2人のやりとりはどこか微笑ましさが感じられます。

さらに脇を固めるキャストにはお馴染みのメンバーが再集結!一六の上司で警務部長である千住遼子役に田中美佐子、元署長で今は居酒屋「みつる」の店主・二宮満役に小野武彦、一六の相棒で巡査部長の溝呂木三花役に堀内敬子が続投します。そして、脚本は「科捜研の女」、「相棒」シリーズで知られる戸田山雅司が手掛けます。
警察官たちから嫌われながらも、自分の正義と職務を全うし、四面楚歌で監察を遂行する一六。
お得意の鋭い”観察眼“と”閃き“で今回も数々の難事件に挑んでいきます!連続ドラマだからこそ描ける新たな一六の活躍にご期待ください!