Analysis

成分分析とは

成分分析~化学の力で真実を~

成分分析とは文字通り、調べたいものの成分をいろいろな手段で分析し、「それがいったい何なのか?」や「そこに何が含まれているのか?」を検査する分野です。
この成分分析は混入異物の特定やシミ・斑痕の特定、火災の燃焼促進剤の特定など、非常に多くの鑑定や分析にまたがって汎用されています。
そのため、複数の分析・鑑定が実施可能な当社ならではの多角的なアプローチで分析・鑑定をご提案致します。

成分分析

成分分析の対象

衣服についたシミ →血痕検査、精液検査等と合わせてご相談ください。
車についた塗料 →FT-IRを用いた分析
異臭がする室内の空気 →GC-MSを用いた分析
食品中の異物 →DNA型鑑定と合わせてご相談ください。
火災現場の燃焼残渣 →火災鑑定と合わせてご相談ください
改ざんが疑われる領収書・書類 →文書・筆跡鑑定と合わせてご相談ください
接触事故が疑われる車両に付着した傷・塗料 →交通事故鑑定と合わせてご相談ください
薬物の混入が疑われる食品 →薬毒物分析と合わせてご相談ください

※専門家が検査目的に合わせて適切な分析をご案内いたします

分析の実例

シミの分析

実例:浮気が疑われる シミの分析

浮気が疑われる夫のY-シャツに付着していた赤いシミを成分分析
→シミの部分から脂肪酸やDimethylsilanolなどが検出された事から口紅に由来するシミと判明!!
分析費用例:165,000円 最低220,000円からの事案になります

火災現場分析

実例:放火が疑われる 火災現場分析

火災現場の見分で最も燃焼が激しい場所、出火元を特定。
出火元周辺の燃焼残渣を成分分析
→燃焼残渣から灯油の成分が検出!!
分析費用例:165,000

塗装分析

実例:ドア・パンチ(隣車による車両破損の疑い) 塗装分析

駐車場に止めていた自分の車に傷がついており、どうやら隣の車がつけた傷のようだが、隣の車の持ち主は断固違うと主張している。 相手の車によってついた傷だと証明したい!!

→傷部分に付着していた塗料と隣の車の塗料のIR分析の結果が一致
分析費用例:330,000

薬毒物分析

実例:お酒に睡眠薬混入の疑い 薬毒物分析

お酒に睡眠薬を入れられた。しかし相手はそんな事実は無いと主張している。
混入されたことを証明したい!!!

→飲んだボトルの底に残る薬物の成分分析GC/MSクロマトグラム分析の結果、睡眠導入剤を検出!!
分析費用例:330,000

成分分析

実例:室内空気中に含まれる有害物質の疑い 成分分析

引越ししてきた家で生活し始めてから、頭が痛くなったりするようになった。シックハウス症候群かもしれない? 有害物質が空気中にあるのかも?

→室内の空気を採取し、成分分析をした結果、シックハウス症候群の原因物質であるホルムアルデヒドを検出
分析費用例:176,000

成分分析

実例:飲食物に有害物質混入の疑い 薬毒物分析

実家に残る父親がみるみる衰退して行く、飲食物中に毒物混入の疑い?

→飲食物の薬毒物分析をした結果、疑問試料に有害毒物が含まれている可能性はないと判定した
分析費用例:176,000
2700種類の薬毒物分析:385,000

成分分析の費用

分析方法:GC-MS分析 LC-MS分析 IR分析 顕微IR分析 蛍光X線分析

基本費用 165,000円~(1検体)
出張採取費 88,000円+交通費実費(宿泊費は別途)

※検査費用は検査目的・分析方法によって異なりますのでおおよその分析費用につきましては上記分析例をご参考頂き詳細についてはお問い合わせください。

弁護士の先生を始め、各地方裁判所等の公的機関からの分析も承っております。
もちろん一般の方からのご依頼も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

科学捜査の成分分析

フランスの犯罪学者 エドモンド・ロカール博士

“犯罪現場では人と人、人と物のあいだで、必ず証拠が交換される”
“すべての接触には痕跡が残る”
“物理的な証拠は誤解せず、偽証せず、完全に消し去ることもできない”
“唯一、人為的ミスによる発見によりその価値が下がるのみである。”

フランスの犯罪学者 「エドモンド・ロカール博士」 の言葉です。
(Edmond Locard、1877年 – 1966年)科学捜査を先駆けた人物である。

現場に残された微細な遺留品の分析 、火災時の出火原因をさぐる残渣分析など、各鑑定に証明手段として用いられる成分分析。

科学捜査/科学鑑定において、紛れもない花形、それが分析官です。
法科学者(鑑定人)を陰でしっかり支える強力な存在です。裁判資料の鑑定書に分析担当とだけ記載され登場する彼ら。

・・・その分析官の役割とは・・・

一つ目は、同定=[Identification] その物質は一体何なのか?

例えば、衣服に付いた付着物は?
第三者の衣服繊維なのか、動物の毛なのか、飲食物の残物なのか物理的、化学的、生物学的、さまざまな分析結果に対応できる戦略的分析能力が必要とされます。

二つ目は、個別化=[Individualization] その物質はどの分類に属すのか?

例えば、ひき逃げ車両の塗膜片から車両の特定
衣服に残された体液斑痕より個人的特徴の判定、室内より発見された繊維の特定、脅迫文書の印刷文字解析によるプリンターの特定、など戦略的解析能力が必要とされます。

そして、これらの分析結果から、犯罪や事件など、個々の状況や全容を再現し、同時に被疑者の供述内容の真偽も見極め、事件の解決に貢献する重要な検査なのです。