FD258 Card

FD258 指紋カードとは

FD-258指紋カードを扱う国内唯一の民間検査機関です。

FD-258指紋カード
法科学鑑定研究所は、FBI基準を満たしFBI推奨のデジタル・スキャンシステムによる『FD-258 指紋カード』が作成できる国内唯一の民間検査機関です。

最新デジタル・スキャン指紋採取
FD-258 CARD + plus

通常66,000
特別価格 38,280

FD-258 FBI指紋カード作成費用

検 査 名 検査内容 採取場所 検査費用
最新 デジタル 指紋採取 FD-258 CARD + plus
指紋採取証明書 Certification付き
ご来社
出張採取(別途費用)
通常66,000円
38,280
お申し込み
アナログ 指紋採取
(インク方式)
FD-258 CARD + plus
指紋採取証明書 Certification付き
ご来社
出張採取(別途費用)
38,280円
お問い合わせ

FBIはデジタル・スキャンシステムによる指紋採取&カード作成を推奨しています。
申請先の機関などにより従来のインク方式を指定されている場合に限り、インクによる採取を行います。

FD-258指紋カードとは

アメリカ・カナダ・イギリス・オーストラリアなど各種ライセンス申請や就業によるビザ申請の際、FBIによるクリミナル・バックグラウンド・チェック(犯罪経歴証明)や無犯罪証明、警察証明の申請手続きに必要な指紋採取、258FBI指紋カードを作成して提出することが求められます。

弁護士・医師・教員・会計士・エンジニア・留学・国際結婚などや州や自治体が認可する免許取得などにも必要となります。

でもFD-258指紋カードの作り方?書き方?添付書類って何?
そこで
法科学鑑定研究所がお手伝いします。

申請に強い!法科学鑑定研究所の指紋サービス

1

国内唯一のFBI推奨デジタルスキャンシステムでFC-258指紋カードを作成します。
2

国指紋採取者欄(Official Talking FIngerprint)に当社英文名と採取責任者のサインを記載します。(当社はリーガル・ラボラトリーとして認識実績ああります)
3

FD=258指紋カードと採取証明書(Certification)を2セットお渡しします。
4

デジタル・スキャンシステムだから指紋証明が鮮明で採取がスムーズ
5

採取指紋の不鮮明を理由に不受理の場合は、再採取無料!

お申込みの流れ

ホームページから簡単申し込み

HPカートで簡単お申し込み

HPのカートページから簡単にお申し込みが出来ます。

予約

日時と採取場所を予約

メールやお電話で指紋採取の日時予約と必要書類をご案内します。

指紋採取

指紋の採取

各入力項目を確認後、デジタルスキャナで指紋の採取を行います。

報告

FD-258と書類作成、郵送

FD-258カードと作成した書類を、ご指定のご住所にお送りします。

FBI推奨の指紋採取

ラインナップ

高精度でクリアな指紋採取

FBIは、スキャンシステムを用いた指紋の採取およびカード作成を推奨しています。だから、申請がスムーズ。

英文書類作成

英文添付書類作成

お客様の合わせた書類作成知識に裏打ちされた安心感
指紋に特殊な形態・キズなどエラーが予測される場合、指紋採取者が補足情報を英文書類を作成しお渡しします。

医師

法科学鑑定研究所

スタッフの技術力が高い専門家がバックアップします。
FBI基準と申請を理解する高度な知識と経験豊富な研究員が指紋カード作成のお手伝いをしますので安心です。

FD-258 FBI指紋カード、デジタル・スキャンシステムをご紹介

FD-258指紋カード

どこでFD-258指紋カードの指紋を採るの?

通常の場合、FD-258指紋カードの作成は、現地の警察または指紋採取所で作成します。
日本の警察でも指紋採取は可能ですが公式指紋採取者の欄(Official Taking Fingerprint)は「空欄」になるため、そのままではFBIで受理されません。
現地警察を除く日本国内では「法科学鑑定研究所」がサービスをご提供しています。

法科学鑑定研究所で採取作成したFD-258指紋カードは、公式指紋採取者の欄に当社英文名と採取責任者のサインが入ります。(当社はリーガル・ラボラトリーとして認識実績があります)

最新デジタル・スキャンシステム

現在FBIでは、デジタル・スキャンシステム での指紋採取・指紋カード作成を推奨しています。
FBIは、指紋の採取精度として、人によるの採取ブレを防止するために、統一基準を設定しデジタル化を採用しました。
また、この技術は最先端のバイオメトリックシステムを用いる指紋の採取・判定が主流となっています。

デジタル・スキャンシステム

FBIが求める指紋採取の精度は統一されていて、デジタル処理を前提とした「AFIS」(自動指紋照合システム)をベースに考えられています。

そのため、指紋を確認するにはマニューシャ認識技術やイメージリレーション技術の理解が必要となります。

そして、この品質基準とシステムを理解し適切な指紋採取を行うことで、どの申請にも通用するFD-258指紋カードを作成し、お渡しすることが出来るのです。
(システムは随時更新され最新2020年11月仕様です)

FD-258 FBI指紋カード採取指紋基準

FBI指紋カード

スキャンシステムの指紋採取精度はFBI基準に設定・最適化され、瞬時にプログラムが有効性を判定します。

デジタル・スキャンシステムでは、従来のインク方式と異なりクリアで均質な指紋採取が可能なため、指紋が不鮮明であることを理由とした 申請の不受理を大幅に減らし高品質な指紋カードのご提供が可能になります。

そして、お客様は信頼できる指紋カードを受け取ることができるのです。

FBI指紋カード

FD-258 FBI指紋カードは、印刷するプリンタもFBIが指定しています。

このプリンタは FD-258用紙 専用のタイプで、システムと連動し自動的にFBI仕様の指紋採取情報データが採取した指紋と一緒に印字されます。

FD-258指紋カードの申請を受理した機関では、この印刷された採取情報データと指紋を読み込むことでスムーズな申請処理が行われます。

法科学鑑定研究所のスキャンシステムによる指紋採取

指紋採取

FBI推奨のデジタル・スキャンシステムを用い指紋採取・カード作成することで、高精度で信頼できる指紋カードをお渡しすることができます。

採取した指紋はそれが有効な指紋であるかそうではないのかの判断は、専用のプログラムが判定しています。

一見鮮明にみえる指紋なのにデジタルシステムがエラーと判定する場合もあり、FBIではそれらのプログラム判定の対処を指導しています。

指紋採取

法科学鑑定研究所では、FBI推奨デジタル・スキャンシステムによる判定と、当社指紋検査担当者による目視検査による判定のダブルチェックを実施し、採取指紋の有効性を確認しています。

これらの検査を行うことで、エラー判定にも柔軟な対応ができる高精度なFD-258指紋カードを作成することが可能になり、お客様は、最良のFD-258カードを受け取ることができるのです。

よくある質問-FD-258 FBI指紋カード