交通事故鑑定人の選び方①

どんな交通事故鑑定人なら・・信頼できるのか・・ご説明します

交通事故鑑定人の選び方①

鑑定人とは何ですか - - 裁判所 http://www.courts.go.jp/
 裁判所は証拠に基づいて被告人が有罪か無罪かを決めるわけですが,審理に携わる裁判官は,法律の専門家であり,かつ,高い識見が要求される職責にあるとはいっても,あらゆる分野の知識等に精通しているわけではありません。
 ところが,実際には,医学,工学,自然科学などの専門的知識等がないと正しく判断することができない事件がかなりあります。
 そこで,このような場合には,学識経験のある者を鑑定人として選任し,その知識等を裁判所の事実認定に役立てることにしているのです。
 実際の事件では,心神喪失等の主張がされた場合に,被告人の犯行当時の精神状態を調査してもらったりする例などが多く見られます。

エセ交通事故事故鑑定人よる実害

交通事故鑑定人には資格要件や審査がありません。
ですから、自称さえすれば「鑑定人」と名乗ることも可能です。

交通事故において、損害保険代理店経験者、アジャスター経験者
示談屋、探偵、行政書士などが 鑑定人 を自称するケースも後を絶たず
トラブルも報告されています。

3大エセ鑑定人と呼ばれています=示談屋・探偵・暴力団

探偵が交通事故鑑定人と偽り、詐欺事件で逮捕者も出ています。

「交通事故鑑定人」が遺族から詐取計5千万、逮捕(読売新聞)
「交通事故鑑定人」と称して死亡事故の遺族から金をだまし取ったとして、警視庁交通捜査課などは27日、田中宅容疑者(32)を詐欺の疑いで逮捕した。
 調査業(探偵)時代交通事故裁判の手伝いをし高額な謝礼を受け取り、これで味をしめた。その後、調査業(探偵)を辞め交通事故の鑑定を行うようになった。
 自分は「司法試験に受かり、米国の大学で博士号も取得、警察の研究所にも所属している」など嘘の経歴を述べ雑誌やテレビなどにも登場していた。

この事件は氷山の一角との声も多く、エセ鑑定人による被害も拡大しているようです

交通事故事故鑑定人とは

訴訟における交通事故事故鑑定人は、一定の事実につき自己が過去に得てきた
学識経験など専門的知見に照らし客観的な意見を述べることが要求されます。

鑑定人は裁判官の心証形成作業を一部補完する役割を担っており、
すなわち、裁判官同様に原告・被告何れの立場にも依らない
中立の精神で案件に臨む姿勢が要求されるのです。

当社では下記の項目を満たしている方を交通事故鑑定人としています

① 科警研もしくは科捜研で法科学鑑定業務に従事した経験を有する方。
② 大学准教授以上で、鑑定対象に於いて一定の識見を有する方。
③ 日本法科学技術学会 もしくはこれに準ずる学術学会の正会員の方。
④ 裁判所・検察・警察からの鑑定嘱託経験者もしくは司法委員経験者。
⑤ 鑑定対象に付随する官公庁業務受託経験者、もしくは同公務員出身者。
⑥ 鑑定の技術開発、制度の整備等に寄与したと認められる方。
⑦ 鑑定人から特別な識見もしくは実績を有するとし、推薦を受けた方。

鑑定書とは鑑定人による強い意見書です
交通事故鑑定人は、通常のの学者ではありません
専門性の高い見識と実績を持ち、訓練を受けている方々です

鑑定書は論文や報告書ではありません
法廷で誤解なく適応する文章作成能力と理論的な結論が求められます

科学的な解析能力 + 理論的な思考能力 = 法科学者
当社の鑑定人はこの訓練を受けています

ですから、当社の鑑定人は、裁判に強いのです

ご相談/お問い合わせ

専門の交通事故鑑定人が在籍しています。
交通事故における対応・検査期間・お見積りなど、
お気軽にご相談ください。

科学捜査読本|法科学鑑定研究所

出版物 法科学鑑定研究所

前のページにもどる