交通事故鑑定-依頼のしかた

[ ご依頼から、ご報告までの流れ ]

交通事故鑑定

① ご相談 → ② お見積もり → ③ご依頼 → ④ 鑑定 → ⑤ ご報告

報告の種類

「事前所見」  「鑑定書」の2種類があります

事前所見

・鑑定/調査結果の見込み・方向性について報告します。
(裁判提出用ではありません)

鑑定書

・裁判提出用の鑑定書です。
相手から出された鑑定書の意見書も作成します。


「事前所見」の後に、裁判用の「鑑定書」に変更することも可能です。
お勧めしています。

※特別な場合
裁判などで先方提示の鑑定書を再鑑定する場合や
意見書などが必要な場合は、 先方鑑定書のコピー(写)をご用意下さい。
出来る限りご要望に添う内容と金額で対応させて頂きます。
お気軽にお問い合わせください。

1,【お問い合わせ】

ご相談の前に、必要な資料を揃えておくことで
スムーズに解決策を検討することができます

お手持ちの資料をご郵送頂き、電話やメールなどで、状況をご相談下さい。

弊社に、お持ち込みいただいても結構です。(要予約)
丁寧に、解りやすく対応させていただきます。

ご相談は、基本として以下4点の資料をご用意ください。
①交通事故証明書 ②交通事故状況図 ③写真 ④相手側を確認する資料

②は簡単で結構ですので、道路の状況、信号、一時停止標示などの位置、
それぞれの進行方向とぶつかった位置などを記載下さい。

ご相談後、必要な資料は追加して揃えていくことになります

2-1,【ご用意頂く資料】

ご用意いただいた資料より、お見積もりを致します。

事故種 ご用意頂く資料
物損事故

・事故証明書・現場写真・事故車両写真・その他関係書類

人身事故

・事故証明書・実況見分調書・診断書・現場写真

死亡事故

・事故証明書・実況見分調書・死亡診断書・死体検案書

その他事故

・事故証明書・現場写真・事故車両写真・その他関係書類


※裁判・係争案件の方は、先方鑑定書又は調査報告書をご用意下さい。

2-2,【ご用意頂く資料】

交通事故証明書

・交通事故の発生を確認するために必要な書類です。
事故発生時に警察に事故届けをして、 交付申請書により
「自動車安全運転センター」に申請して入手します。
(郵送で出してもらえます)

実況見分調書

・人身事故の場合、警察は刑事事件として事故直後に実況見分を行います。
その結果を書面にしたものが実況見分調書です。
この実況見分調書は検察庁から謄写を出してもらうのですが、
弁護士が依頼しないと謄写が出来ない検察庁がほとんどですので、
弁護士さんに確認してもらいましょ。

事故状況写真

・よく、警察が撮ったから・・とか、保険会社が撮ったから・・とか
そっちから貰ってください・・と言う方がいらっしゃいます。
警察は警察の資料ですので出しません。 保険会社さんも同じです。

相手方を確認する資料

・相手方の住所、氏名、連絡先、会社の車であれば会社名など・・
相手方の加入している自動車保険-任意保険・自動車共済の契約会社名
・共済名、すでに、保険会社などから接触があれば、その担当者の
氏名・連絡先など・・。
相手方から送付されてきた書面・計算書など

物損事故の資料

・修理費の請求書、または修理工場の見積書(損傷箇所の写真など)
その他の請求書や見積書
※物損事故の場合、有効な資料のNo1は写真です。
写真が揃っていた為、相手主張を覆した事例は本当にたくさんあります。

人身事故・けがの場合

・治療を受けた病院の診断書
後遺障害が発生して、等級の認定を受けている場合は、
後遺障害診断書、認定結果が書かれた後遺障害等級認定票


「交通事故裁判に発展している場合には以下の資料をご用意ください」

●裁判資料(準備書面その他)   ●相手鑑定書(写し)

※資料が膨大な場合、資料を読み込むのに数日掛かる場合も御座います。
その場合、別途資料見分料を頂くこともあります。

※万一ご相談後、ご連絡がない場合、またはご連絡が取れない場合、
お送り頂いた資料は、最終連絡日を起日とし90日後に破棄させて頂きます。

3,【お見積もり】

お見積もりは、通常の場合、2通りご用意させていただいております。
この時点で、依頼者と協議を行い、鑑定の方向性を決定して行きます。

争点を絞り、検査領域を狭め掘り下げる事で、安価で高精度の鑑定が可能になります。

協議の結果、決定された「見積書」を作成いたします。
内容をご確認後「見積書」記載の金額をお振込み下さい。

ご入金確認後、早急に着手させて頂きます。

◇◇◇

お見積もり後、諸事情により、検査/鑑定を取り止める事も可能です。
その場合、実経費をご請求し、資料をご返却いたします。

ご依頼者様の情報・相談内容は固く守られています。 こちら→個人情報保護

4,【検査/鑑定-着手】

細部に検査項目を法廷資料として検証、説明し作成されます。

※初期調査(現地踏査)を終了すると、交通事故の全貌が見えてきます。
稀に、予測に反する新事実が判明することがあります。

それが原因で、依頼者の不利益になると考えられた場合、
その時点で、検査/鑑定を中止し確認協議を行います。

そして確認協議の結果、鑑定の方向性を立て直すか、鑑定を中止します。
鑑定を中止した場合、実経費分のみを請求・精算し終了します。

※弊所はどこの傘下にも属していません。
ですから、依頼者の不利益と判断される鑑定は行いません。(行わずに済みます)
無理な鑑定を続ける必要はありません。

安心してご相談ください

5,【ご報告】

お預かりさせて頂いた資料と作成された鑑定書を、
ご指定の住所へご郵送させて頂きます。

内容をご確認下さい。

質問、解らない所など丁寧にご説明いたします。

ご相談/お問い合わせ

交通事故鑑定における対応・検査期間・お見積りなど、
お気軽にご相談ください。

科学捜査読本|法科学鑑定研究所

出版物 法科学鑑定研究所

前のページにもどる