音声/声紋鑑定

鑑定内容

 

【ご報告までの流れ】

 

ご 依 頼 か ら ご 報 告 ま で の 流 れ

 

 

ご相談 →  予検査 →  見積もり → 音声鑑定 → ご報告

 

【鑑定書の種類について】

「検査報告書」、「鑑定書」 の2種類をご用意いたしております。

「検査報告書」 お預かりした検査資料を分析し、私的確認資料として提出いたします。

「鑑定書」 検査資料を分析し、その結果を解析。裁判用資料として提出いたします。

◇ ◇ ◇

特別な場合

裁判などで先方提示の鑑定書を再鑑定する場合や、

意見書などが必要な場合は、先方鑑定書のコピーをご用意下さい。

出来る限りご要望に添う金額と内容で対応させて頂きます。

 

 ① 【ご相談・鑑定費用】

 

お気軽に、お問い合せ、ご相談ください。

資料の録音の方法、検査・鑑定の方法、鑑定料金・お見積もりなど、

丁寧に対応させて、いただきます。

 

 ② 【準備】

 

声紋鑑定と再現実験は比較する対照用の資料が必要です。

  <声紋鑑定> (声の個人識別)は、比較対照する資料が必要になります。
  <音声鑑定> (再現実験)も、比較対照する資料が必要になります。
  1)疑問のある音声物(録音物)を準備します。
  2)1)の反訳書を作成する。(下記※1を参照下さい)
  3)2)の検査する箇所(疑問箇所)を決める。
  4)対照用資料の作成、録音機を用意し、3)の疑問箇所を読み上げ録音する。※2
  5)送付する。 1)疑問試料/ 2)反訳書/ 3)対照用資料
   
  ※1 、反訳書は、弁護士さんにお願いするか、インターネット検索で、
   「裁判用・法廷用・テープ起こし」などで調べて業者さんにお願いして下さい。
   (反訳書をご自身で作成される方もおいでですが、客観的資料ではない。として、
    採用されない場合もあるようです。弁護士さんや裁判所にご相談下さい。)
   
  ※2、声紋の鑑定用対照用資料作成は場所を選びません。しかし再現実験の対照用
   資料作成は疑問録音物が作成された「同じ場所」で反訳書を読み上げ録音します。
   
  <音声鑑定> (改ざん・編集痕解析)
  1)疑問のある音声物(録音物)を準備します。
  2)1)の反訳書を作成する。(下記※1を参照下さい)
  3)2)の検査する箇所(疑問箇所)を決める。
  4)送付する。 1)疑問試料/ 2)反訳書
   
  ※3、改ざん・編集痕解析は、対照用の資料は必要ありません。

 

 ③ 【予検査】

 

録音物がコピーの場合や数度ダビングされた場合、

劣化により鑑定不能に至る場合もあります。

そこで、鑑定資料として検査可能か否かを予備検査で確認します。

 

検査される物を当研究所にご郵送下さい。

到着した物と内容を確認させていただき、予検査を行います。

※ この段階で、検査が出来ないと判断された場合、お預かりした資料を返却致します。

※ 予検査費用をご請求致します。

 

 ④ 【見積もり】

 

予検査の結果、検査の方法を決定します。

その後、見積書を作成しご郵送致します。

見積もり金額をお振込み下さい。

ご入金確認後、検査に入らせて頂きます。

 

 ⑤ 【検 査】

 

お預かりさせて頂いた資料を、細部に渡り分析検査いたします。

検査終了時に分析検査を所見書(簡易鑑定書)にてご報告いたします。

 

 ⑥ 【鑑 定】

 

検査資料を細部に渡り分析検査し、その結果を解析します。

法廷資料として検証し作成されます。

全ての検査を終了し、解析された結果を鑑定書としてご報告いたします。

 

 ⑦ 【ご報告】

 

お預かりさせて頂いた検査資料一式と作成された鑑定書(所見書)をご指定の住所へ

ご郵送させて頂きます。

到着した結果内容をご確認下さい。

質問・わからない点など丁寧に、ご説明いたします。