法科学鑑定研究所

毛髪検査が選ばれる理由

一般の方に薬物検査のイメージを問うと尿検査をイメージされる方が多いと思われます。

薬毒物分析、麻薬検査・薬物検査・毒物検査、薬毒物鑑定に証明手段として用いられる薬物検査の種類と費用を簡単にご紹介します。科学鑑定を行う国内有数の鑑定機関

 ニュースなどで報道される規制薬物をめぐる事件の場合、尿検査の結果が陽性だった・・などと報道されることが多いからではないでしょうか。

 尿検査の結果は、規制薬物の使用を裏付ける客観的な証拠として捜査や裁判で重視されています。
 この理由は、たとえ所持罪で立件できても「何のための所持か」という疑問に明確な答えを示してくれるからです。

【民間で必要とされる毛髪検査】

民間における薬物検査の目的は
① 規制薬物の使用を否定し健全であることを証明すること。
② 組織や団体に大きなリスクとコスト負わせる可能性を回避すること。

 これらを円滑に遂行するためスクリーニング検査が行われます。
 薬物検査はランダムに選択された人々を対象として、乱用の可能性がある薬物を1種類以上使用した証拠をスクリーニング(ふるい分け)するために行われます。

・特定の集団に応募または従事している人々
 (例:企業・団体従事者、スポーツ選手、芸能関係者など)

・特定の職業に応募または従事している人々
 (例:公共交通機関の職員、パイロット、ドライバー、船舶関係者など)

 スクリーニング検査は用途により選択され、検査に用いられる検体は血液、唾液、尿、毛髪が用いられます。

検 体 血 液 唾 液 尿 毛 髪
検出可能期間
(遡れる時間)
1-2日 2-3日 3-5日 120日
(3-4ヶ月)
検査時間 6時間 10分 10分 2週間

 尿検査によるスクリーニング検査が一般的ですが、その理由は非侵撃的かつ簡便であり、広域な薬物を定性的に検出、短時間で検査結果を得る事ができるためです。
 検出可能期間は薬物摂取の頻度と量に依存しますが大半の薬物で3-5日間です。

 この検出可能期間は悪用される場合も多く、薬物常習者が警察の捜査を察知するとしばらく行方をくらませるのは、その間、 水やお茶を大量に飲む、サウナに行き発汗するなどし、薬物が体内から排出されるのを待つためです。

 民間で用いられる尿検査はパイロットやドライバー、船舶関係者など勤務前の確認検査に適した検査と考えられ利用されています。

 民間における組織や団体を守るための薬物検査の目的は、定期的に薬物を使用する者を排除することです。
 尿検査だけでは薬物使用者を逃してしまう場合も考えられます。

 毛髪からの薬物検査は、尿検査が陰性だった場合でも薬物使用者を逃しません。

 事件例:酒井法子氏薬物事件では、捜査を察知し逃亡6日間 時間を得て出頭、そして尿検査が実施されましたが「陰性」でした。 その後毛髪検査が行われこの結果が「陽性」であり、薬物所持罪だけでなく薬物使用罪でも起訴され有罪となりました。

薬物検査・麻薬検査の費用

費用はこちらから

麻薬検査・薬物検査の費用

毛髪検査の採集者

法科学鑑定研究所の提携ラボは
FDA-アメリカ食品医薬品局認証済みの
乱用薬物スクリーニング検査で薬物検査を実施しています。

薬毒物分析、麻薬検査・薬物検査・毒物検査、薬毒物鑑定に証明手段として用いられる薬物検査の種類と費用を簡単にご紹介します。科学鑑定を行う国内有数の鑑定機関

当社スタッフは国際基準である専用の教育プログラムを受講し
乱用薬物スクリーニング検査を深く理解し
試験に「合格」したスタッフが毛髪採取を行います。

ご相談/お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

鑑定・検査お申込み後の変更または修正など緊急を要する場合には、お電話でご相談ください。
電話番号はこちらをご覧ください。

刑事事案につきましては、別途ご相談ください。
専任担当者がご案内させていただきます。

前のページにもどる