麻薬/薬物 薬物乱用検査・分析

日本では「覚せい剤」「大麻」「麻薬」「危険ドラッグ」など
法的に規制されている薬物が多々あります。

しかし、依然として習慣性薬物の乱用などの事件は絶えまず社会問題化しています。

このよう背景から、運輸業界(パイロット・電鉄・船舶)などでは安全運行のため
習慣性薬物(薬物乱用)検査を義務付ける事業主も増えてまいりました。

これらの習慣性薬物(薬物乱用)は、各薬物ごとに構造式に特徴を持っており
服用すると体内で代謝され、尿などで体外に排出されますが、その一部は毛髪などに蓄積します。

それらをそれぞれに適した検査方法で分析を行います。


薬物乱用分析対象となる薬物

薬物の総称 検査対象薬物の成分
・覚せい剤 メタンフェタミン・アンフェタミン
・大 麻 テトラヒドロカンナビノール(THCA/THC)
・麻 薬 アヘン・ヘロイン
・医療用麻薬 モルヒネ・コデイン・デカポン
- 睡眠薬・向精神薬各種
・合成麻薬 LSD・MDMA・MDA

※対象となる薬物は複数ございます。
習慣性薬物(薬物乱用)のみならず、人体に有害な化学物質の検出も行っておりますので
ご相談ください。

薬物/麻薬 薬物乱用摂取の証明

検査試料 試料の説明
・尿 体内に入った薬物は代謝酵素によって代謝されます。
尿中には代謝物として排出されるので、その代謝物を検出します。
・毛 髪 体内に入った薬物のほとんどが体外に排出されますが
その一部は毛髪や体毛に蓄積します。
毛髪や体毛に蓄積した薬物を検出します。
・食品など 食品等に混入が疑われた場合
その食品から目的薬物を検出します。

薬物/麻薬 薬物乱用検査試料 検査の必要量 有効期間
・尿 約100mL 摂取後 10日以内
・毛 髪 10mg(約50本) 摂取後 数年間
・食品など お問い合わせ お問い合わせ

麻薬/薬物 薬物乱用検査・分析費用

費用はこちら

麻薬/薬物 薬物乱用検査・分析費用

主な分析法

・イムノクロマトアッセイ
・GC-MS分析(ガスクロマトグラフィー質量分析)
・ICP-MS分析(誘導結合プラズマ質量分析)
・LC-MS分析 (液体クロマトグラフ質量分析計) など

法薬毒物の専任担当者が対応いたします。 お気軽にお問い合わせ下さい。

麻薬を止められない理由

薬物使用で逮捕された人が、再び薬物に手を出してしまうケースは少なくありません。
特に覚せい剤の場合、再犯確率は50%を超えています。

では、なぜ薬物使用者は依存症になりやすいのでしょう

脳内には、感動したり、爽快感を覚えた時に、快感物質と呼ばれるドーパミンが放出されます。

覚せい剤やコカインにはドーパミンを強制的に放出される作用があります。

常用すると、脳内にはドーパミンが溢れた状態が続きます。

するとヒトの体は、バランスを取るために、ドーパミンを抑えるようになります。

薬物が体内から無くなると、ドーパミンは極端には減少してしまいます。

すると、日常生活では、イライラや不安感や恐怖感が倍増するようになります。

薬物で強制的に放出されたドーパミンは、自然な状態に戻るには相当な時間が必要になります。

この恐怖感覚が長く続く事で、耐え切れず、再度薬物を手にしてしまう事になるのです。