法科学鑑定研究所|Analysis Laboratory of Forensic Sciences

法科学とは

「法科学」とは「Forensic Science」英文からの日本語置き換えといわれています。

法科学鑑定研究所

法科学の定義①

【元科警研副所長・瀬田季茂先生の法科学定義】

『法科学とは、自然科学の理論と技術を、犯罪の捜査に適用し
裁判官が法廷において、有罪か無罪かを裁定するために貢献する学問である』



法科学 = Forensic
"Forensic"は、古代ローマ帝国の広場を意味する "Forum" というラテン語に由来しています。
この "Forum"(フォーラム)の本来の意味は、
多くの人々が集まって、商取引や話し合いを行なう場所の事を指します。

『・・Forum・・』
 新英和中辞典 第6版 (研究社)
 1 公開討論会,フォーラム
 2 裁判所,法廷. ←※
 3 (世論の)裁き.
 4 (古代ローマの)公会広場 《都市で公事の集会所に用いた大広場》
 ・ラテン語=「広場,公開場」の意

現代では公開討論などの意味が一般的ですが、裁判所・法廷の意味をも持っています。

したがって"Forensic"とは、 法の、法廷弁論の為のという意味を持つ形容詞となります。

"Forensic Science" =「法廷弁論に用いられる科学」

"Forensic Science"とは=法廷弁論に用いられる学問として位置づけ出来ます。

解釈すれば、証拠を科学的に検証し犯罪を法廷で立証する学問である。

ちなみに、"法科学"という語は、科学警察研究所の方々が立案/命名しました・・^^
この"法科学"という語は、中国、韓国、東南アジア等の漢字圏でも広く用いられています


法科学の定義②

【AAFSの法科学定義】

『AAFS』= American Academy of Forensic Science(アメリカ法科学会)では、
「Forensic Science」を以下のように定義しています。

"Forensic science" is the application of scientific principles and
technological practices to the purposes of justice in the study and
resolution of criminal, civil and regulation issues.

『 法科学とは、犯罪における問題を”科学と技術”に基づき研究と解決する学問 』



法科学の分野は広く、医学・物理・化学・工学・心理学・行動科学なども含まれます。
アメリカでは法医学もこのForensic Scienceの一分野として 扱われるケースも多いようです。



 AAFSのシンボルマークは、2匹の蛇が巻き付くカドゥケウスの杖に天秤が付けられ、下に巻物が置いてあります。
 カドゥケウスの杖はギリシャ神話のヘルメースが持っていたもので、彼は商業・旅人=情報の散策者であり、神々の使者を司る者とされています。
 AAFSのシンボルは、脚元に巻物(知識)を備え、天秤(裁判)において科学の神々と裁判の神々の使者を司るという意味が示されています。

「法科学」この分野では、研究論文、解析、分析、等、
ほとんどが英文で書かれ、英文で理解され、英文で判断されます。

もちろん、日本発の論文も英文で書かれた物しか有りません。

唯一、科警研主催の「日本法科学技術学会」と「日本法医学会」の
学会が発表する論文のみが日本語です。

「法科学」の手法や技法は防犯の意味合いから全てを公表しているわけではありません。
ですから、「法科学=Forensic Science」の分野は常に情報不足が生じています。

当サイトではアメリカ・ヨーロッパ・オーストラリアなどの法科学事情も
ご紹介していきたいと考えています。

(法科学において掲載の限界や注意点も予測されますので情報はセグメント致します)
(専門性を必要とされる方はメールでお問い合わせ下さい)

前のページにもどる