科学捜査読本|法科学鑑定研究所

火災鑑定

内容紹介

火災原因の半数は放火だった!
年間300の案件を扱う火災鑑定人が、放火犯の手口と心の闇を解き明かす!

全国の火災件数に占める放火の割合は約20%、
しかし鑑定人の“認識”では50%以上が放火である。

本書は年間300件の案件を扱う国内屈指の火災鑑定人が、
数々の事件の裏に潜む謎を解明する驚愕のエピソード集。

ときに放火犯と直接対峙し、心理戦によってそのトリックを見破る。
ときに警察・消防が「失火」と判断した現場に違和感を抱き、
緻密な科学鑑定で真実を見つけだす。

一般人に放火を指南する「火付け屋」の存在、
工務店とグルになって燃やすための家を建てる人々、
未だ原因が究明されない「歌舞伎町雑居ビル火災」の裏側、
建物の存在しない現場で行われた火災鑑定――

あなたの知らない「火災」の真実がここにある!