法科学読本

DNA鑑定 ~その能力と限界~

内 容

第1章 DNA鑑定とは
(DNA鑑定のはじまり ; DNAが語る生命の流れ ; DNA鑑定手法とその進歩)

第2章 個人識別
(個人識別と刑事鑑定 ; 刑事鑑定における確率計算 ; 個人識別の落とし穴)

第3章 親子鑑定
(親子鑑定の考え方 ; 親子鑑定における確率計算 ; 親子鑑定の落とし穴)

DNA鑑定はその識別力の高さから、近年社会的に大きな注目を集めている。
本書は、DNA鑑定の二本柱である「個人識別」と「親子鑑定」について、DNA鑑定研究の第一人者が基礎から最新の状況までわかりやすく解説。

DNA鑑定の技法だけでなく、結果解釈や倫理的問題に関しても、くわしく触れDNA鑑定の等身大の姿を示す。

 

目 次

第1章 DNA鑑定とは
 1-1 DNA鑑定のはじまり
 1-2 DNAが語る生命の流れ
 1-3 DNA鑑定手法とその進歩
 1-4 確率計算のためのサンプル集団の信頼性

第2章 個人識別
 2-1 個人識別と刑事鑑定
 2-2 刑事鑑定における確率計算
 2-3 個人識別の落とし穴
 2-4 指針や法による規制
 2-5 犯罪者DNAデータベース
 2-6 想定事例に基づいた鑑定の概要

第3章 親子鑑定
 3-1 親子鑑定の考え方
 3-2 親子鑑定における確率計算
 3-3 親子鑑定の落とし穴
 3-4 DNA鑑定の倫理
 3-5 想定事例に基づいた親子鑑定の概要

付録1 用語集
付録2 日本人集団における各STRのアリールの出現頻度
付録3 資料


著 者:勝又 義直 カツマタ ヨシナオ

元 警察庁 科学警察研究所 所長

1943年(昭和18年)名古屋市に生まれる。1969年、名古屋大学医学部卒業

1972‐74年、米国スタンフォード大学留学、1986年より名古屋大学医学部教授(法医学)

名古屋大学大学院医学系研究科教授(法医・生命倫理学)

名古屋大学医学部倫理委員会委員長(~1999)、名古屋大学医学部長(~2003)

日本法医学会理事長(2003~)などを歴任