異物混入のDNA鑑定

ここ数年でよくニュースなどで取り上げられるようになった製品への異物混入問題。
特に消費者の関心が高いのは食品への異物混入ではないでしょうか。

異物混入のDNA鑑定

近年あった例では、毛髪の混入、虫の混入、絆創膏の混入、金属片の混入など様々なものが
食品中から発見され、食の安全性や、企業の品質管理体制など、より求められるようになりました。

これらの中でも、圧倒的に事例が多いのはヒトに由来する異物の混入です。
そして、製造責任者に連絡が入る前にSNSなので混入画像が市場に拡散します。

製造ラインの自動化が進み、ほぼすべての製造工程を機械が担うようになった現在でも、
製造ラインに人の手が関与している限り、ヒトに由来する異物混入のリスクは伴います。

そのリスク回避のために、ヘアーキャップ・グローブ・マスクの装着徹底、フルオートメーション化、
製造ラインに関わる従業員の意識改革など様々な方法が導入され、品種管理がなされていますが、
品質管理においてDNA鑑定は大きな助けとなっています。

DNA鑑定は少量のヒト由来サンプルから個人の識別を行うことが可能です。

混入した毛髪や爪などから誰に由来する異物なのかを特定し、
製造過程におけるどの工程で混入したものなのかを限定することで、
迅速な原因究明と適切な対処を行うことが可能となります。

また、異物が製造の段階で混入したものなのか、販売後に混入したものなのかを特定することで
悪質なクレーマーから自社を守ることにもつながります。

そして弊所では異物混入時のトラブル回避のための試験的なDNA鑑定の協力も実施しています。

焼く、揚げる、発酵させるなどの加工処理を行う前に混入させた異物と
加工処理後に混入させた異物からそれぞれDNA鑑定を実施し、得られた結果から、
実際のトラブル発生時に混入時期の特定が可能な食品なのか、
どのような結果が得られるのかを判断することできます。

現在、様々な企業様がすでに試験的なDNA鑑定を実施されています。

DNA鑑定での異物混入の原因特定は食品のみに留まりません。
パンフレットや商品ラベルなどの印刷物に付着した血痕や、目薬に入っている不純物、
これら食品以外の異物混入においても混入過程の特定に役立ちます。

異物混入の実例(異物混入検査)

実例(異物混入検査)
1. 総菜に混入した毛髪からDNA鑑定・ABO式血液型遺伝子検査
2. 揚げ菓子に混入した毛髪からDNA鑑定
3. 発酵食品に混入した毛髪からDNA鑑定
4. パンフレットの付着物から血痕検査・DNA鑑定
5. 目薬に混入した不純物(目ヤニと思われるもの)からDNA鑑定

異物混入検査の流れと費用

1. 混入異物からのDNA鑑定 期 間 単 位 費 用
各混入異物からDNA鑑定
※性別・DNA型を特定することが可能
約3-4週間 1サンプル 58,000円
DNA鑑定
2. 対象者のスクリーニング
(対象者が複数いる場合)
期 間 単 位 費 用
各混入異物からABO式血液型遺伝子検査
※混入異物の血液型を特定し
 対象者を大幅に絞ることが可能
異物混入
約1-2週間 1サンプル 50,000円
DNA鑑定
3. 対象者のDNA型を採取し、検査照合 期 間 単 位 費 用
各混入異物のDNA型と被験者DNA型の照合検査
※異動識別を行い、DNA型が同一か否か判定する
下記参照 下記参照 下記参照
検査対象者人数 検査期間 提出試料 合 計 費 用
・1~3名 2~3週間 弊所指定綿棒 60,000円
・4~10名   〃   〃 200,000円
・11名~   〃   〃 お問い合せ

※混入異物からのDNA鑑定はサンプルの保管・衛生状況に影響されますので、事前にお問い合わせいただくことをお勧めします。

※混入異物のDNAと対象人物DNAの同一性に関する鑑定をご検討の方、状況に合わせてご相談を承りますので遠慮なくお問い合わせください。


怪文書とDNA鑑定

差出人不明の誹謗中傷やプラーべート暴露の文章、これら怪文書問題は、
大なり小なり様々な企業で抱えている問題であると思います。
その多くが1回では終わらず、複数回に及び、そしてだんだんエスカレートすることです。

このような怪文書問題による影響は、社内風紀や取引先、監督省庁との信頼関係など
様々なところに影響する可能性があり、迅速に解決すべき問題です。

そのような怪文書問題においても、DNA鑑定は差出人の絞り込みや特定に役立ちます。

怪文書が送付されくる際の切手。
舐めて貼り付けられた場合、DNAは切手と封筒の間に保存されされます。
唾液は口腔粘膜細胞を多く含んでおり、切手1枚からでも十分にDNAを抽出することが可能となります。
切手からのDNA抽出ができれば、対象者との照合を行うことで差出人特定が可能になります。

社内いじめ・嫌がらせとDNA鑑定

近年は小・中学生高校生間のいじめ問題が紙面を賑わしています。
しかしこれらの問題は子供の学校だけに留まらず大人の社会にも起こっている問題の一つです。

特に会社・工場内で起こるいじめ問題はいじめられた個人の肉体的・精神的不安だけではなく、
社員同士不信感やモチベーションの低下を招き企業の生産性を低下させる要因となります。

個人に対するいじめ以外にも、社員寮やトイレ、作業場などの共有スペースを
たばこの吸い殻や排泄物などで汚す嫌がらせ同様に
企業にとって頭を悩ませる種の一つです。

これらの問題に対する会社の姿勢は、単にその問題を解決するだけに留まらず
再発の防止、健全な職場環境の提案など、大きな影響を与えます。

たばこの吸い殻や排泄物などヒト由来するもが原因の場合、
検体からDNA抽出できれば個人の特定が可能になり、問題解決のお手伝いを致します。

DNA鑑定の実例

実 例
1. 工場内の禁煙である作業所にポイ捨てされたタバコの吸い殻からDNA鑑定
2. 社員寮の共有スペースに廃棄された排泄物からDNA鑑定
3. 発酵食品に混入した毛髪からDNA鑑定
4. 従業員のペットボトルに混入された尿からDNA鑑定
5. 駐車場に吐き捨てられた唾からDNA鑑定

個人情報保護

お客様の個人情報は外部からアクセス出来ない環境で管理され
紛失・改ざん・漏洩などに対する予防措置および安全対策が行われています。

全てのDNA検査は、自社内DNAラボにて解析を行います。
万全な品質管理と個人情報管理を徹底しており、裁判に於いて
検査者責任を果たしていると評価され、重要証拠として採用実績もあります。

DNA検査・解析・管理は暗号化されており
個人情報の取り扱いは厳密な品質管理の基で実施されておりますので、
機密情報管理が求められる企業担当者さまでも安心です。

お問い合せ ご相談

弊所では、DNA検査の専門研究者が
ご不明点、ご質問など、解りやすく丁寧に、対応させていただきます。
お気軽に、お電話やメールなどでお問い合せ下さい