接触DNAの研究(Queen's Evidence=証拠の女王)

Confessio est regina probationum = 自白は証拠の女王である(ラテン語の古いことわざです)

最近では Queen's Evidence または Queen of Evidence と呼ばれるDNAを含む痕跡達

DNAを含む痕跡は、反論の余地がない証拠となり、被疑者の犯行を決定的に裏づけます

~新旧女王の交代? なのでしょうか・・それとも・・~

接触DNA分析の研究

人間は、毎日何万もの皮膚細胞が再生され剥がれ落ちています。

犯罪が犯されるとき、加害者が現場に十分な数の皮膚細胞を堆積させ、
識別可能な証拠として集め、解析が出来るのならば、
接触DNA分析は、加害者を事件の現場に直結することが出来るかもしれません。

しかし、接触DNAの分析は、血痕や体液などの資料よりDNA量は極めて少なく、
DNA抽出技術は、多くのマニュアル行程を必要とする複雑な検査なのです。

DNAの採取法

難しい話はさておき、この項目では、
接触DNAの収集方法を少しだけご紹介しましょう

現在、接触DNA分析で行われている主なDNA採取方法は以下の3種

採 取 法 動  画
1)スワビング法(スワブ法)
綿棒採取による方法
(数十種類の綿棒を)
(資料や状態により使い分ける)
2)カッティング法
資料の一部を
切り出す方法

(足利で行われた方法)
3)スクラッチ法
メスで削り取る方法

スワビング法の実際

採 取 法 写  真
法科学用に開発された超高性能綿棒
回収率90%以上を誇る最新綿棒
この綿棒が開発された事で
世界中にダブルスワブ法が
紹介され注目を集めました。
この綿棒に試薬を染み込ませます。
検出用試薬は大きく分けて3種
1)超純水 2)TE Buffer
3)Digestion Buffer
資料の状態により変更されます。
試薬を含ませた綿棒で擦ります。
ペットボトルの飲み口を
丁寧に拭って行きます。
ペットボトルや缶コーヒーには
実績のあるDigestion Bufferを使用
綿棒を切り出します。
実は、この超高性能綿棒
かんたんに2分割出来るように
設計されています。
先端部分は再鑑定の為の試料
証拠保全のため半分しか使用しません
検査には柄の付いた方を使用します。
法科学用に開発される専用小物達は
至れり尽くせり
DNA抽出はEZ-1 Investigator-kitを使用
超純水で2倍希釈したG2Bufferと
Proteinase Kを投入
酵素反応は56℃で15分
その後、場合によりキャリアRNA投入
反応溶液から綿棒を取り出し
上下を逆に入れ直します。
底にあった綿棒の頭部を上にして
スピンダウン12K-20Kで1分間
綿棒を取り出します。
DNA抽出溶液が
ほとんど減っていないのが解ります。
この超高性能綿棒なら微量のDNAでも
しっかり抽出できます。

超高性能綿棒を求めて

例年2月のAAFSミーティング、2011年はシカゴでした。

古巣NYからは至近距離ですので 帰りに発注しようとメーカーへ・・

すると、ガバメント以外には売らないよ・・おっすげぇ~高飛車

元々の開発は日本人だし、まして後輩で知り合いのおいらに・・言うのか?

まぁ~色々ありましたが 医薬・医療・医療器具の最先端には、必ず日本人が居います
そしてほとんどが、アメリカ・UK・ドイツ・フランスのどこかに居ます。

たかが綿棒ですが、相当高価で発注先は各国の警察です。
なんで、こんな美味しい市場なのに、日本のメーカーは居ないのでしょ?
・・┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~・・

スクラッチ法

3)スクラッチ法」は、あのジョンベネちゃん事件で採用された方法です。
現在、接触DNAの収集方法で最も効率的な方法とされています。

まず始めに検体をプレス処理し「小さめのメス」と「リフトテープ」で採取。
そしてDNAプロセシングチューブに入れられます。
と、いとも簡単に書かせて頂きました。が、
ホントは奥が深~いDNA収集手法なのです。

現在「Forensic DNA アナリスト」という称号を得るには、
専門研修と認定試験(Fellowship)を必要としています。
代表的な機関は、National Forensic Science Technology Center(国際法科学技術センター)と
American Society of Crime Laboratory Directors(アメリカ社会犯罪研究所)
ここで、DNA Analyst Training(研修と認定試験)を受け、合格しなければなりません。
この3)スクラッチ法は、専門研修において90分もの時間を掛け理論と実務を学びます。

(あまりに面白く、そっかぁ~ただ擦っても、ダメなんだぁ~)
(ですので、どこかでまとめてご紹介します)

広い面積からのDNA採取する事により、資料に残る僅かなDNAも見逃しません。

ますます敏感になるDNA増幅の技術を利用することで、
接触DNA分析は、身の回り品に残る加害者のDNAを解析し、
当時解決できなかったコールドケースやコールドヒットに役立つと研究が進められています。