血縁関係の種類

血縁鑑定では、被検査者間の遺伝形質を調べる事により実施されます

そして、その遺伝形質の濃さにより、判定する方法が変わってきます

同 胞 鑑 定

同 胞 鑑 定
血 縁 関 係 ゲノム
占 有 率
分 類 関 係 Y染色体 mtDNA
第一度
血縁関係
50%
2分の1
親子 父と子 100% 0%
母と子 0% 100%
同胞 兄弟 100% 100%
姉妹 0% 100%
その他の同胞 0% 100%

親子関係も兄弟姉妹間関係も、同じ第一度の血縁関係にありますが、判定方法は全く異なります。

半同胞鑑定

半 同 胞 鑑 定
血 縁 関 係 ゲノム
占 有 率
分 類 関 係 Y染色体 mtDNA
第二度
血縁関係
25%
4分の1
祖父母

父方祖父と男孫 100% 0%
母方祖母と孫 0% 100%
その他の半同胞 0% 0%
叔父叔母と
母と
甥/姪
父方叔父/
叔母と甥
100% 0%
母方叔父/
叔母と甥/姪
0% 100%
その他の半同胞 0% 0%
半同胞 異父の同胞 0% 100%
異母の兄弟 100% 0%
その他の
異母兄弟
0% 0%

半同胞鑑定では、ゲノム占有率が25%しかない事から2者間の鑑定では判定不能に陥ります。
その為に、同一半同胞者を複数人検査する必要があります。

半 々 同 胞 鑑 定

半 々 同 胞 鑑 定
血 縁 関 係 ゲノム
占 有 率
分 類 関 係 Y染色体 mtDNA
第三度
血縁関係
12.5%
8分の1
従兄弟 父同士が兄弟 100% 0%
従姉妹 母同士が姉妹 0% 100%
半々同胞 その他の従兄弟 0% 0%

第三度血縁関係では、生物学的血縁判定は困難になります。
その為に同一母系譜者なのか同一父系譜者の判定を行います。

併用されるの分析技術

相続をめぐる裁判などで、血縁関係のDNA鑑定に関して
裁判所や弁護士さんから、良くお問い合わせを頂きます

家系図を拝見させて頂いて、このポジションと、この関係を証明したい
DNA鑑定の費用と、期間を教えて下さい。・・と

えっと・・DNA鑑定は魔法ではありません(^^;

まず、DNA鑑定に参加できるのは、この家系図で・・どの方?
それと、参加者口腔スワブ以外に、他に何か揃いますか?
臍帯とか入れ歯などの日用品は?

現在、広く用いられているSTR法は、個人識別には長けていますが
血縁者間の識別能力は、けっして高いとはいえません。

マルチプレックスキットを用いて15STRを組み合わせる試験法にて
トリオ鑑定では・・安定した高い精度が得られます

ですが・・第二度血族や第三度血族になると
尤度比の計算は出来るものの、あやふやな判定になりかねません

そこで、考えられる技術を併用します
マルチプレックス15STRに加え
男性から男性に遺伝されるY染色体のSTR
母系遺伝するミトコンドリアDNA(mtDNA)
これらを追加検査することで、尤度比の上がりにくい血縁関係を
証明していきます。

検査方法はこちらで紹介しています。→DNA鑑定の方法
以前は、SLP法や違う型のマルチプレックスを併用することもありましたが
現在は、Y染色体とmtDNAを使用する血縁関係のDNA鑑定が
グローバルスタンダードになりつつあります。