DNA分析可能なもの・分析費用

以下は民間鑑定所の弊所で扱うDNA検出です

DNA分析可能なもの・分析費用

ご質問や、ご相談は「お電話 or メール」でお伺い致します
お気軽にどうぞ♪

一般サンプルからのDNA鑑定

※検査の条件=指定綿棒以外、さまざまなサンプルからのDNA個人識別

一般サンプルからのDNA鑑定 期 間 単 位 費 用
当社指定綿棒による口腔内細胞提出 約2週間 1名 40,000
指定外綿棒 / 吸い殻 / 歯ブラシ / ヒゲ剃り / ガム
コップ・ペットボトル・缶 / ストロー / おしゃぶり
血痕・血液 / 精液・体液・尿 / 毛髪・爪 / 生理用品
病理試料 / 血清 / 臓器・骨・歯 / 臍帯・胎盤 など
約3-4週間 1サンプル 58,000
一般サンプルDNAと対人異同識別・照合費 3名まで +20,000
男女混合DNA分離検査 1サンプル
(精液)
+28,000

一般サンプルからのDNA抽出・鑑定は、弊所の得意とする分野でもあり、
取扱いサンプル数も多く、研究者・技術者の経験と実績も豊富です。
警察のDNA型ブラインドテスト(セカンド検査)・異物混入事件等で多くの実績があります。
お気軽にお問い合わせください。

分析可能なもの一覧

1=可能   2=条件により可能   3=やや困難  4=困難

種 類 表 示 成功率 内 容
口腔内細胞採取綿棒 1 95%以上 自然乾燥したもの
全血 1 95%以上 新鮮か冷凍されていたもの
FTA血液カード 1 92% 検査可能
精液 1 90% 新鮮か冷凍、又は綿球に付着で保管されたもの
骨髄 1 87% 検査可能
検査用ろ紙に付着した血液 1 86% 染みのサイズ、保管年数、保管状況による
毛根鞘つき毛髪 2 82% 毛根鞘が有ること
パラフィン包理臓器 2 81% 保管状況による
組織切片 2 81% 保管状況による
血液型判定用紙 2 81% 保管状況による
コンドーム内精液 2 81% 綿球に付着させ乾燥
タバコのフィルター 2 72% 保管状況による
抜歯した「歯」 2 71% 保管状況による
切った爪 2 69% 保管量による
歯ブラシ 2 69% 10日以上、毎日使用したもの
鼻をかんだティッシュペーパー 2 67% 付着量による
布に付着した血液のシミ 2 67% 付着量による
布に付着した体液のシミ 2 65% 付着量による
へその緒 3 64% 乾燥状態5cm程度
チューインガム 3 61% 保管状況による
布に付着した精液のしみ 3 58% 付着量による
血液のついた絆創膏 3 54% 付着した血液量による
切手/封筒のフタ 3 54% 付着した唾液の量と保管状況による
タンポン 3 43% 付着した血液の量と保管状態による
飲料用ストロー 3 43% 自然乾燥したもの
使い捨てカミソリか刃 3 41% カミソリ全体、もしくは替え刃
電気カミソリ 3 38% 使用年数、保管状況による
飲み干した缶、グラス 3 35% 自然乾燥したもの
帽子 3 32% 保管状態による
銃器/刀剣のグリップ 3 17% 保管状態による
古い凝結した血液 4 8%未満 ほとんど可能性はない
切った毛髪 4 5%未満 ほとんど可能性はない
火葬した骨 4 5%未満 ほとんど可能性はない
研究試料化した組織 4 5%未満 ほとんど可能性はない
生理用品(下着含む) 4 5%未満 ほとんど可能性はない
汗/涙/唾液 4 5%未満 ほとんど可能性はない

成功率はヨーロッパの法科学会に提出された論文を基に掲載しています
各項目、全てが日本人に適しているとは思いません。
あくまで目安として考慮ください。

土葬骨と火葬骨の違い

 ヒトの骨には、中心部に赤血球・白血球・血小板などを生成する造血細胞が存在します。
 これらの細胞は、おおよそ500℃以上で完全燃焼し無くなります。
 日本の火葬場で主たる燃料は、ガス・灯油・重油で、炉内温度は600~800℃燃焼炎温度は約2.000℃にもなります。
 ヒトの骨は、外側の強固な緻密質が内部の骨髄質を守る構造をしています。
 ですから、土葬骨からの血液型判定やDNA型判定は可能ですが、火葬骨からは骨の内部組織が燃焼消失し、石灰成分のみとなっていることから、血液型判定やDNA型判定は、ほとんど不可能です。
 日本の火葬の歴史は比較的浅く、世界的には土葬が主流で、日本でも高貴な方々は今も土葬です。
 海外で報道される、埋葬骨のDNA型鑑定や、歴史的人物などのDNA型鑑定の報道は土葬骨からのDNA型鑑定を実施しているのです。
 火災現場や交通事故で発見される燃焼遺体は低温で短時間燃焼が多いことから、残存された皮膚組織や強固に守られた骨の内部組織からも血液型判定やDNA型判定は可能になるのです。

物体検査

物体からのDNA分析は弊所の最も得意とする分野です
弊所では考古学試料や事件試料など劣化試料からのDNA抽出研究も行われています
お気軽にご相談下さい

確実性

個人識別に関するDNA鑑定は、非常に正確です。
血液型やRh型の識別には、高い識別能力はありません
一卵性双生児を除いて、すべての人のDNAは独特です
個人識別鑑定は、指紋のようにとても明確な特徴を持っているため、DNA鑑定により
個人識別された結果は、優秀な方式の鑑定結果として考えられています

コンタミ

人的な取り違えや、コンタミ(試料汚染)などを防ぐためには
信頼性の高い科学者が在籍する研究所にて
分析・検査を実施する必要があります。

弊所案件に限らずお応えします、お気軽にご相談ください

最高品質の検査・鑑定をご提供しています

私たちは、海外委託するテーブル業者/ネット業者では御座いません。

私たちは、自社内にDNA研究施設を有する日本のDNA鑑定機関です。
そして、アメリカ/オーストラリアの法科学研究所と技術提携し検査精度と技術向上に努めています。

DNA型検査は検査過程において複数回の確認検査を実施し、
得られたデータを総合的に検討して解析される複雑な検査です。

イレギュラーの可能性、突然変異など、多くに検証材料を用意し、検討が実施されます。
また、認否確認は日本の学会に発表・検証された日本人のデータベースを利用しています。
そして、各試験結果から、最高裁判所の書式に従い日本語で鑑定書を作成しています。

私たちの検査と鑑定は、その時代の要望に合わせて、品質と精度を磨き上げ、
お客さまにより大きなご満足をお届けできるようシステムを改良し、自らの成長に努めています。

全ての検査・鑑定は機械まかせにせず、
ヒトの検品作業により常に異常が無いか目を光らせています。

また、個人情報を扱うセキュリティー面でも
最高度の機密システムを揃え、お客さまの安全と幸せを守っております。

これらの努力が認められ、裁判所からの鑑定嘱託(鑑定命令)・警察のブラインドテストなど
高精度が求められる検査・鑑定も受託させて頂けるようになりました。

私たちは常に率直に誠実な心を持ちつづけ、
お客さまの満足と幸せを求めた検査・鑑定をご提供しております。

安全性

ご相談・ご依頼された方のプライバシーは確実に保護されています。

個人情報、鑑定内容など、全ての情報は限られた者しかアクセス出来ない
安全な環境下にて管理されています。

又、ご報告後、全ての情報はすみやかに完全に削除され保管されません。
弊所では、安心してご依頼できる環境をご提供しています。

確実性

弊所のDNA鑑定は、非常に正確な鑑定です。

血縁関係を証明する場合は、肯定確率を99%以上と示し
否定をする場合には肯定確立を0%と示します

血液型やRh型には、高い鑑別能力はありません。
一卵性双生児を除いて、すべての人のDNAは独特です。
DNA鑑定は、指紋のようにとても明確な特徴を持っているため
DNA鑑定により、識別された結果は優秀な方式の鑑定結果として考えられています。

人的な取り違えや試料汚染、分析結果の誤判断などを防ぐためには
医師または学識者の在籍する信頼性の高い研究機関に依頼する必要があります。
弊所案件に限らずお応えします。 お気軽に、ご相談ください。

アフターフォロー

ご報告後、鑑定の方法、内容、今後のアドバイスなど
「アフターフォロー」には、特に気を使っています。

コスト削減のためか、内容は鑑定書の通りと突っぱねる営業会社もあるようです。
(専門家不在の営業会社や仲介会社・代理店には注意が必要です)

弊所では、DNA鑑定に関する専門研究者が
ご不明点、ご質問など、解りやすく丁寧に、対応させていただきます。
ご相談もお気軽に、お電話やメールなどでお問い合せ下さい