DNA個人識別

それは誰?を特定するDNAプロファイル
DNA鑑定 国内実績No.1
検査・実務者によるトータルサポート力

一般サンプルからのDNA鑑定

※検査の条件=指定綿棒以外、さまざまなサンプルからのDNA個人識別

一般サンプルからのDNA鑑定 期 間 単 位 費 用
当社指定綿棒による口腔内細胞提出 約2週間 1名 40,000
指定外綿棒 / 吸い殻 / 歯ブラシ / ヒゲ剃り / ガム
コップ・ペットボトル・缶 / ストロー / おしゃぶり
血痕・血液 / 精液・体液・尿 / 毛髪・爪 / 生理用品
病理試料 / 血清 / 臓器・骨・歯 / 臍帯・胎盤 など
約3-4週間 1サンプル 58,000
一般サンプルDNAと対人異同識別・照合費 3名まで +20,000
男女混合DNA分離検査 1サンプル
(精液)
+28,000

一般サンプルからのDNA抽出・鑑定は、弊所の得意とする分野でもあり、
取扱いサンプル数も多く、研究者・技術者の経験と実績も豊富です。
警察のDNA型ブラインドテスト(セカンド検査)・異物混入事件等で多くの実績があります。
お気軽にお問い合わせください。

何からDNA検出できる?

ニュースや警察関係から発表される
DNA検出されたとするものは実に多種に渡ります。

変わったものを少しだけご紹介すると
毛髪、爪、体液、靴、食べかけのリンゴ、飲みかけの缶コーヒー・・・・などなど。

みなさんは「えっ~そんな物からDNA検出できるの~←(謎!」て言いますよね。
この「←(謎!」を教えちゃいます。
[前提] = DNAは人の体を構成する、すべての細胞に存在する。
だから、細胞の付着しているところを探します。

検査試料 探索場所
毛 髪 毛根からDNAを探します。
内頬から剥がれたDNAを探します。
指 紋 皮膚から剥がれたDNAを探します。
手 袋 顔や皮膚から剥がれたDNAを探します。
切 手 内頬から剥がれたDNAを探します。
シーツ 染みや体から落ちたDNAを探します。
携帯電話 耳のあたる部分と話口の部分からDNAを探します。
メガネ 耳の部分と鼻にあたる部分からDNAを探します。
腕時計 時計の裏側、皮膚に触る部分からDNAを探します。
歯ブラシ 歯肉にさわるブラシの部分からDNAを探します。
ひげ剃り 刃の部分からDNAを探します。
たばこ 吸い口の部分からDNAを探します。
帽 子 帽子の内側、皮膚に触る部分からDNAを探します。
着 衣 襟裏や袖、皮膚に触る部分からDNAを探します。
靴の内側から持ち主のDNAを探します。

つまり、最新のDNA鑑定技術では、どんなものからでもDNAを採取してしまいます。

DNA個人識別の識別能力

現在のDNA鑑定による個人識別能力は極めて強力です

現在の主流試験方法=マルチプレックス Identifiler PCR Amplification

この試験方法で全てのDNA型が一致した場合
日本人の統計的出現頻度を用いて計算すると

つまり、4兆7千億人分の1人

この天文学的数字は、他人が偶然に一致することは無い!
と言うこと、なのです。

さらに、現在DNA型鑑定の主流となっているPCR法によるSTR型検査に必要とされる量は
極めて微量な試料からもDNA抽出を行い鑑定することが可能となっています。

その精度は、1ngのDNA資料量から鑑定することが可能なのです。
(ng=ナノグラム=10億分の1グラム)

DNA個人識別 ご相談・お問い合わせ

「弊所研究員」と「当事者である各被検者」が
DNA個人識別の内容について、よく説明を受け
「各被検者」が理解した上で、方針に合意した場合にのみ
DNA検査/DNA鑑定が可能になります

どのよう場合ならDNA検査可能なのか?

どのような書類を作成しなければならないのか等
お問い合わせ頂ければ、誠意を持って対応させていただきます。
お気軽に、ご相談下さい

最高品質の検査・鑑定をご提供しています

私たちは、海外委託するテーブル業者/ネット業者では御座いません。

私たちは、自社内にDNA研究施設を有する日本のDNA鑑定機関です。
そして、アメリカ/オーストラリアの法科学研究所と技術提携し検査精度と技術向上に努めています。

DNA型検査は検査過程において複数回の確認検査を実施し、
得られたデータを総合的に検討して解析される複雑な検査です。

イレギュラーの可能性、突然変異など、多くに検証材料を用意し、検討が実施されます。
また、認否確認は日本の学会に発表・検証された日本人のデータベースを利用しています。
そして、各試験結果から、最高裁判所の書式に従い日本語で鑑定書を作成しています。

私たちの検査と鑑定は、その時代の要望に合わせて、品質と精度を磨き上げ、
お客さまにより大きなご満足をお届けできるようシステムを改良し、自らの成長に努めています。

全ての検査・鑑定は機械まかせにせず、
ヒトの検品作業により常に異常が無いか目を光らせています。

また、個人情報を扱うセキュリティー面でも
最高度の機密システムを揃え、お客さまの安全と幸せを守っております。

これらの努力が認められ、裁判所からの鑑定嘱託(鑑定命令)・警察のブラインドテストなど
高精度が求められる検査・鑑定も受託させて頂けるようになりました。

私たちは常に率直に誠実な心を持ちつづけ、
お客さまの満足と幸せを求めた検査・鑑定をご提供しております。

安全性

ご相談・ご依頼された方のプライバシーは確実に保護されています。

個人情報保護-DNA個人識別、DNA検査、DNA鑑定の費用、DNA鑑定の種類、DNA鑑定の申し込み方法、少し複雑なDNA鑑定を簡単に、分かりやすく説明します。科学鑑定を行う国内有数の民間DNA鑑定機関

個人情報、鑑定内容など、全ての情報は限られた者しかアクセス出来ない
安全な環境下にて管理されています。

又、ご報告後、全ての情報はすみやかに完全に削除され保管されません。
弊所では、安心してご依頼できる環境をご提供しています。

確実性

弊所のDNA鑑定は、非常に正確な鑑定です。

確実-DNA個人識別、DNA検査、DNA鑑定の費用、DNA鑑定の種類、DNA鑑定の申し込み方法、少し複雑なDNA鑑定を簡単に、分かりやすく説明します。科学鑑定を行う国内有数の民間DNA鑑定機関

血縁関係を証明する場合は、肯定確率を99%以上と示し
否定をする場合には肯定確立を0%と示します

血液型やRh型には、高い鑑別能力はありません。
一卵性双生児を除いて、すべての人のDNAは独特です。
DNA鑑定は、指紋のようにとても明確な特徴を持っているため
DNA鑑定により、識別された結果は優秀な方式の鑑定結果として考えられています。

人的な取り違えや試料汚染、分析結果の誤判断などを防ぐためには
医師または学識者の在籍する信頼性の高い研究機関に依頼する必要があります。
弊所案件に限らずお応えします。 お気軽に、ご相談ください。

アフターフォロー

ご報告後、鑑定の方法、内容、今後のアドバイスなど
「アフターフォロー」には、特に気を使っています。

コスト削減のためか、内容は鑑定書の通りと突っぱねる営業会社もあるようです。
(専門家不在の営業会社や仲介会社・代理店には注意が必要です)

弊所では、DNA鑑定に関する専門研究者が
ご不明点、ご質問など、解りやすく丁寧に、対応させていただきます。
ご相談もお気軽に、お電話やメールなどでお問い合せ下さい

個人情報保護の原則

最近訪れたアメリカの法科学研究所には
毎朝、定期便が届きます。

その中身は”ゴミ”

このゴミから採取されたDNA型を解析すると
限られたスペース内に、どのような人物が何人いて
どのような行いをしたかが判明してしまいます。

また、最新のSNPsという解析技術を応用すると
そのDNAを持つ人の髪の色、目の色、肌の色、体躯までもが判明してしまいます。

本当に様々な物からDNAが採取され捜査に利用されています。

このサイトを読まれている方々には「へぇ~」とか「怖いなぁ~」と、
感じる方々は多いはずです

DNA個人識別は、究極の検査方法です
(世界中で研究が進められ、日夜ドンドン進化しています)

じぁ~誰のDNAを採っても、良いのか?

それは”絶対!ダメ”なのです。

2003年10月ユネスコより「ヒト遺伝情報データについての世界宣言」が出されました

DNA検査の利用目的として、法医学・医療・研究・法廷での利用、以外での禁止!
そしてインフォームドコンセントの徹底!

これは「正しい情報を得た(伝えられた)上での合意」を意味します。
検査者は「被検査人が間違いなく本人である事実」を確認する義務があります。
そして「説明責任・検査内容理解」それを条件にした「合意」を得ると言うことです。

つまり、第三者などが勝手に他人のDNAを調べちゃダメって事です。

機材だけ買えば、だれでも調べられるじゃん!

それは㍉! ご安心下さい

解析には、ヒトの塩基配列や各遺伝子のデータが必要です
このヒトの遺伝子データは、簡単には手に入りません
(学会などで科学者として認知されなければ利用は出来ません)

分析機器があっても、前処理やDNA抽出、定量や測定などや、
どの試験試薬をどう扱うか、ヒトの試料を扱う専門の知識と技術が必要です。

まぐれで分析成功しても、その試験データどう読むの?

イレギラーや突然変異、特異性の判断はどうするの?

DNA型鑑定の正確性とは、
全ての試験結果と状況を総合的に判定する
鑑定人である、ヒトの判断によるものなのです。

だから、DNA鑑定の専門知識と実務経験が絶対必要!なのです

・・(^^;・・今から勉強してみる?・・

因みに、遺伝学・生物学・薬学・医学・法科学の修士以上であれば
アメリカかイギリスの認定センターで
最短6ヶ月~最長18ヶ月の研修を完了・認定試験に合格すれば
DNAテスター(DNA試験士)の資格が得られ
アメリカ・イギリス・オーストラリアの法科学研究所・DNA研究所で働けます。

※残念ながら法科学学士/修士は、日本の大学にはありません。